スポーツ

渋野日向子VS国内TOP勢「内部リーク“裏”情報12」(1)笹生優花は渋野を姉のように慕っている

 11月3日から日本で唯一の米女子ゴルフツアー公式戦「TOTOジャパンクラシック」が開催される。世界を制した渋野日向子の豪快なスイングのほか、年間女王争いでトップを走る山下美夢有の精密ショットも見逃せない。日米で活躍する注目12人のプライベート情報も交えて、見どころをお届けしよう。

 日米の両ツアーを兼ねる「TOTOジャパンクラシック」(滋賀県、瀬田ゴルフコース北コース)には、米ツアーを主戦場に活躍する畑岡奈紗(23=世界ランキング10位。10月25日時点)、古江彩佳(22=同20位)、笹生優花(21=同30位)、渋野日向子(23=同38位)ら海外トッププロ43人、日本ツアーからも10月16日終了時点のメルセデス・ランキング上位35人が名を連ね、予選落ちなしの4日間で優勝を争う。

 中でもスポーツ紙記者が注目するのは渋野の好調ぶりだ。

「渋野は8月『全英女子』で3位と復調し、10月『BMW女子選手権』の最終日にはホールインワンを達成するなど好調なだけに、笑顔やトークが炸裂する“しぶこ劇場”が見られそう」

 一時期、フォーム改造や恋人との破局で不調が伝えられていたが、

「昨年10月『スタンレーレディス』で300ヤードのビッグショットを放ち、2年ぶりに勝利すると『ああじゃ、こうじゃと言っちょった人を見返してやりたかった』と(笑)。その後、米ツアーの予選会を20位で突破し、今季の米女子ポイント順位は33位で来季のシード権も手中に収めている」(スポーツ紙記者)

 ただ、自慢の飛距離は米ツアーで67位(平均259ヤード)と、まだまだムラッ気が抜けない。そこが渋野の魅力でもあるが、飛ばし屋の笹生は、平均275ヤードで第4位に位置している。ゴルフライターが話す。

「笹生は今季、優勝こそありませんが、トップ10入りが4回と、去年『全米女子』を制した実力は健在です。新世紀世代の笹生は、黄金世代の渋野を姉のように慕っていて、同組になると喜んでいます(笑)」

 ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏も「波長の合う選手と同組になるとプラスに働く」と前置きして、こう続ける。

「渋野が19年『全英女子』で優勝した時も今年3位の時も、アシュリー・ブハイと最終日の最終組で回っている。2人ともおおらかで、プレーのテンポも似ている。ライバルでありつつ、遅延行為のような駆け引きもしない。相手がいいプレーをすれば拍手し合い、次は私も、という気持ちになるのでしょう」

 渋野の公式ユーチューブでは、10月「メディヒール選手権」の練習ラウンドを笹生と一緒に回る姿が配信されている。2人はとても仲がよく、今回、同じ組で回ることになれば快進撃も期待できそうだ。それでも宮崎氏は、黄金世代の畑岡とミレニアム世代の古江を優勝候補に挙げる。

「畑岡の技術は間違いなく日本でナンバーワン。今季も1勝(米通算6勝)しています。中国でのツアー戦が中止になると、松山英樹が出場した10月『ZOZOチャンピオンシップ』をギャラリーに紛れて観戦。『グリーン周りが課題なので参考になる』と話すほど、向上心が旺盛なところも日本のエースにふさわしい」

 米ツアー初挑戦の古江も7月「スコットランド女子オープン」で初優勝を飾り、凱旋帰国となった10月「富士通レディース」も連覇して国内8勝目を挙げた。その8勝全てが9月以降の“秋女”で、昨年の「TOTO──」の覇者だけに、今大会も大いに注目される。

「米ツアーは母親が帯同して、特に食の面で支えている。初優勝時の朝食がお茶漬けだったそうで『今もルーティンでやってます』と明かしていた。ちなみに畑岡も母親が帯同していますし、渋野もお忍びで帰国すると、母親の料理でリフレッシュしているそうです」(ゴルフライター)

 母親の存在は絶大なのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男