社会

客にニセ情報を吹き込み倒れるまで一気飲み…クラブホステスを袋叩きにする「仁義なき店内イジメ」の世界

 夜の世界では、世間の一般常識がまかり通らないこともある。前回(11月18日配信記事)は、クラブホステスの誹謗中傷にまつわる裏事情を書いた。どんなにSNSやネット掲示板で叩かれても、店の雰囲気を壊さないために被害を訴えられない苦悩が、そこにはあった。それは店の中で起こる嫌がらせに対しても、同じだという。

 都内のクラブに勤務するB子さんは入店してまもなく、持ち前の明るい性格で人気ホステスとなった。しかし、それがきっかけで、やっかみを買った同僚ホステスからの嫌がらせを受けるようになる。

「お客さんと同伴した際、私が着替えている間に、ヘルプの子がついたんです。そのヘルプは私を目の敵にしているC美というホステスの、子分のような存在。『B子って、実は彼氏がいるらしいよ』って、根も葉もない話をお客さんに吹き込んだんです。お客さんはムスッとしてしまい、私が席に戻っても、ひと言も口を聞いてくれませんでしたね」(B子さん)

 あるいはこんな直接的な嫌がらせではなく、営業妨害ともとれる行為に及ぶことも。

「新規のお客さんが来て、シャンパンを入れてくれたのはいいのですが、私に一気飲みするよう強要したんです。断れないのでちゃんと全部いただきましたが、その後の記憶がありません。トイレで吐いて倒れているところを黒服に介抱してもらい、その日は帰りました。あとでC美がその客に『B子はシャンパンが大好きだから、1本は余裕で一気できるよ』と煽ったようです」

 B子さんはママに相談したが、巧妙な嫌がらせゆえに、ママも注意ができなかった。ドレスを隠されたり私物を盗まれるなどの嫌がらせであれば、店側も対処できただろう。しかし物的証拠がない上に、水商売というのはお酒が入る仕事でもある。「酔っ払っていて覚えてないです」と言われたら、それ以上は問い詰めようがないのが現状なのだという。

(カワノアユミ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション