芸能

元・光GENJI大沢樹生「東京・北区長選出馬」を支援するプロレス団体の実態

 11月22日、元・光GENJIの大沢樹生が、来年4月に予定されている東京・北区区長選に出馬する意思を固めたと、スポーツ紙が報道。本人もインスタグラムで「昨日の一部新聞報道での北区区長選出馬の件に関しましては後日に自分の言葉でキチンとお話させて頂きます」と発信している。芸能関係者が語る。

「大沢は北区と所縁が多く、18年には北区の劇場を主な拠点として活動するプロレス団体『シアタープロレス花鳥風月』で、1日限りのプロレスデビューを果たしています。デビューにあたっては、北区東十条の道場に3~4カ月、トレーニングに通ったそうです。『花鳥風月』所属選手のほか、元パンクラスの船木誠勝らとタッグを組み、30分一本勝負で勝利。その後も団体の関連トークイベントに出演するなどしています。また、今年の夏には、北区の商店街を舞台にした映画『サムアップ!』で主演。北区のシティプロモーション推進担当課や公園課が協力し、飛鳥山公園にボクシングのリングを設置して撮影するなど、地元と密着した活動を行なっています」

 今回の出馬に関しては、「花鳥風月」が母体となって立ち上げる地域政党「東京新党16」が大沢の支援に回るとのことで、

「『花鳥風月』はプロレス団体でありながら、今年4月に団体に、所属するプロレスラーあべけんじ(安倍健治)氏が山梨県甲斐市議会議員選挙で当選しているほか、北区の現職区議・坂場まさたけ氏が、覆面レスラー『ゴメンライダー』としてリングに上がったりするなど、選挙活動にも積極的です。過去、大沢は特に政治的な発言はしていませんが、現役議員が2名も関連しているだけに、その選挙対策は期待できるでしょう」(地元関係者)

 大沢といえば、87年に光GENJIでデビューし、トップアイドルとして脚光を浴びたものの、94年に脱退。光GENJIも95年には解散した。ことに思い出されるのは、14年に大騒動となった、前妻・喜多嶋舞との間に生まれた長男がDNA鑑定の結果、父子関係がなかったという一件である。先の芸能関係者は、

「現在、東京・五反田で馬肉料理専門店『樹馬』などをプロデュースするなどしていますが、先日、再結成した同じ元ジャニーズの『男闘呼組』のように、第一線への復活が期待されます。現職の花川與惣太区長は03年から5期連続で務めており、現在87歳。東京での区長最年長です。選挙戦で光GENJIの元メンバーたちが応援演説に駆け付け、ローラースケートで走りながら支持を訴えれば、かつての女性ファンは熱狂するのでは」

 ジャニーズ出身の元トップアイドルにして、初の首長誕生となるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること