スポーツ

本田圭佑 W杯間近も“大不調”の理由とは?(3)本田と川島の冷戦はいまだ続く

20140619d

「前回の南アフリカ大会では、中村俊輔をスタメンから外して、本田をエースに据える岡田武史監督(当時)の“英断”が功を奏したが、ザッケローニ監督は絶不調の本田と心中する覚悟です」(サッカー担当記者)

 そんな監督の期待に応えようとしてか、本田はかねてから「W杯優勝」を公言、直前の合宿前には「監督を男にする」とまで宣言している。しかし、チームメイトとの溝は深まるばかりのようで、

「コスタリカ戦後、ある主力選手は本田の状態を見るに見かねて、『本気で優勝を狙うのであれば、状態の上がってこない圭佑こそ、スタメンから外すべき』と漏らしていました。さらには、コスタリカ戦の翌日は、GKの川島永嗣(31)が、一緒にビーチを散歩していた内田篤人(26)と吉田麻也(25)に向かって『昨日のコスタリカ戦は、相手が守備的な戦術を試してきたから決定的な場面を作られたのは失点シーンくらいだったけど、オカちゃん(岡崎)のように、圭佑や(香川)真司(25)たちがもっと前線から守備をしてくれないと、本番ではキツイ』と、ダメ出ししていました」(サッカー担当記者)

 実は、本田と川島の対立には“伏線”があった。

「昨年6月4日、W杯出場を決めた翌日に開かれた会見で、本田は川島に対し『1対1を高めていく必要がある』と注文を付けたのですが、この“公開説教”を機に2人は微妙な関係になりました。10月の東欧遠征中には、試合後のロッカールームで本田がいつものように『あそこで何でパスを出さないのか』と他のチームメイトに向かって吠えていたところ、ついに川島が『お前もミスしたじゃないか!』とかみついたんです。本田が試合後の整列に加わらなかったり、サポーターに挨拶せずにピッチを引き揚げたことまで注意した。先のコスタリカ戦の入場前もキャプテンマークを巻いた本田が先頭で、次が川島という順番で整列していたのですが、2人はまったく言葉を交わさないなど、冷戦状態は続いている模様です」(サッカー専門誌記者)

 もし、本田のぶざまなプレーが原因で初戦のコートジボワール戦に敗れるようなことがあれば、2人のバトルが再燃して空中分解も‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場