社会

横田めぐみさんが脱北者に託した「両親への手紙」(3)封筒に書かれた横田さん夫妻の宛名

 手紙を李氏らに託しためぐみさんは89年当時、24歳ということになる。めぐみさんは86年に韓国人拉致被害者の金英男(キム・ヨンナム)氏と結婚、その後、女児を出産したとされる。それがキム・ウンギョンさんだ。

 02年の小泉訪朝後、帰国した拉致被害者の蓮池薫氏らは、めぐみさんに関してこんな証言をしたことがある。

「めぐみさんが結婚した頃から94年頃まで、同じ地区の招待所で暮らしていた。めぐみさんは90年代に入ると、『日本に帰りたい』と盛んに訴えていた。招待所を無断で離れ、歩きだしたところで連れ戻されたこともあった」

 ただ、李氏らに託した手紙には「助けてほしい」や「拉致された」という記述はなく、自分が置かれた状況を両親に伝え、安心させたいという意図が見えるものだったという。

 手紙を読んだ李氏らが、やはり「これはとても北朝鮮からは郵送できない」と判断したのは当然のことだった。封筒には、めぐみさんの両親である横田滋・早紀江さん夫妻の宛名が書かれてあった。「李氏らが日本に帰国した際に投函してほしい」ということだったのだ。

「手紙は朴さんが『俺に任せてくれ』と言って持っていったと思う。彼がその後、本当に日本に行って投函したかどうかはわからないけど、現実的に行くことはできないでしょう。脱北するしか手だてはないわけですから。あれから我々3人もちりぢりになり、つきあいもなくなっていった。手紙がどうなっているのか、残念ながらもうわかりません」(李氏)

 もし手紙を託した相手が運よく、世界青年学生祭典後に日本に戻る選手、交流団、あるいは関係者だったとしたら──。

 だが、はたして両親のもとに届けられたかどうか、めぐみさんにも確認するすべはなかったに違いない。

 北朝鮮は「めぐみさんは94年4月に自殺した」と発表。元夫の金英男氏も06年に平壌で会見を開き、北朝鮮の主張に沿った証言を繰り返した。北朝鮮はめぐみさんの「遺骨」も出してきたが、DNA鑑定で「ニセモノ=別人の骨」であることが判明している。北氏が解説する。

「北朝鮮はかねてから、横田さん夫妻に『平壌までお越し願いたい』と言い続け、日本政府は『第三国で』と主張してきた。北朝鮮は『めぐみさんは死んだ』という状況証拠を積み上げ、横田さん夫妻、そして日本の大衆を納得させたい。そのためには孫娘(キム・ウンギョンさん)に母(めぐみさん)のことを語らせ、元夫にも語らせ、めぐみさんが生活していた空間を横田さん夫妻に見てもらい、死亡を納得してもらう。それが狙いです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!