芸能

佐藤蛾次郎も野村克也も「風呂場で発見」…若者でも危ない「ヒートショック」の恐怖

「男はつらいよ」シリーズなどでお馴染みの俳優・佐藤蛾次郎さんが、12月10日に自宅で亡くなっていたことがわかった。78歳だった。

 捜査関係者によると、10日の午前10時すぎ、訪れた親族が浴室で動かなくなっている佐藤さんを発見。119番通報し、その場で死亡が確認されたという。死因は虚血性心不全だった。

 佐藤さんのより詳しい死因は不明だが、この訃報を受けて指摘されたのが「ヒートショック」だ。これまで、風呂場で亡くなった有名人では、野村克也さん(17年)や平幹二朗さん(16年)、白川由美さん(16年)などがいる。白川さんが他界したのは6月だが、野村さんは2月、平さんは10月と気温が低い季節で、ヒートショックが原因とも言われている。医療ジャーナリストが語る。

「昨年の厚生労働省人口動態統計によれば、高齢者の浴槽内での不慮の溺死、および溺水の志望者数は4750人で交通事故死亡者数の約2倍にのぼり、やはり毎年11月から4月にかけて集中する傾向にあります。その大きな原因とされるのが、ヒートショックです。これは暖房の効いた部屋から脱衣所に移動してお風呂に入るまでの温度変化により、何度も血圧が変動することで心臓に負担がかかる。その結果、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患などを引き起こすのです。糖尿病や高血圧、肥満、無呼吸症候群の人がなりやすいことで知られます」

 65歳以上は特に陥りやすいとされるが、

「実は浴槽内での溺死や溺水の約1割は、15~44歳が占める。若者でも起こりうるため、年齢問わず注意が必要です」(前出・医療ジャーナリスト)

 対策としては、部屋と脱衣所や風呂場の温度差を、空調などで小さくしておくこと、湯の温度をぬるめにしておくことなどが挙げられる。これからの季節、お風呂の入り方には十分に気を付けてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?