スポーツ

吉田正尚のメジャー移籍高額契約を勝ち取った「吸血鬼」スコット・ボラスの「悪評と本性」

 オリックス・吉田正尚がレッドソックスと5年総額9000年万ドル(約122億円)の大型契約を結び、球界に衝撃が走った。大谷翔平を除いて失敗続きだった日本人野手の評価としては、異例の金額だろう。

 それだけに、契約を勝ち取った代理人の存在が改めてクローズアップされている。スコット・ボラス氏である。

「『吸血鬼』と称される有名人ですね。彼にとって選手は、あくまで金集めのコマ。今回の吉田の移籍交渉は大成功を収めましたが、場合によっては吉田が日本にとどまる可能性もあったと思います。というのも、かつて松坂大輔の代理人を務めた時は、交渉過程でレッドソックスが提示してきた条件を松坂本人には伝えず、『こんな金額じゃ行かない』と球団に詰め寄った。選手のあずかり知らぬところで、一度は破断寸前になったこともあったそうです」(在米ジャーナリスト)

 一部球界関係者からはすこぶる評判が悪いようで、選手を「金」としか見ていない、とも。NPB(日本野球機構)関係者が話す。

「NPB球団のスカウトたちは口々に『こっちが時間をかけて、足を使って、実力を見極めて、拾ってきた選手を球団が育てる。その価値が急騰してきたら突然、隙を狙って選手を囲ってしまう代理人はクズだ』と言っています。ほぼタダで大金をせしめていくんですから…」

 ボラス氏は今オフ、阪神からメジャーにポスティング移籍を目指す藤浪晋太郎の代理人も務めている。一方で、来季以降に向けて不穏な動きも──。

「西武の平良海馬が先発転向を訴えて、球団に対して強硬なケンカ姿勢で出ましたよね。平良は契約しているボラス氏にインスパイアされている。ボラス氏が球団と平良に不協和音を生ませようとしているのでは、との憶測も流れる始末です」(前出・NPB関係者)

 吸血鬼の本領発揮はこれからか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる