芸能

松たか子 「アナ雪」空前ヒットで突きつけた紅白出場の条件

20140703d

 ディズニー映画「アナと雪の女王」が興行収入200億円超えの大ヒットを記録。日本版の主題歌や挿入歌も好評で、早くも大みそかのNHK「紅白歌合戦」の目玉として浮上している。ところが、あの人気女優は文字どおり女王さながらにプライドの高さで周囲を圧倒しているという──。

 今、音楽業界内では「NHKが『紅白』で『アナ雪』の特別企画枠を用意するのでは」との観測が流れている。

「アナ雪」が特別企画枠となる要因には、同映画の日本版楽曲に複数のアーティストが関わっているという事情があげられる。

 主題歌「Let It Go~ありのままで~」を歌っているのはハーフ歌手のMay J.(26)だが、劇中ではアナの姉・エルサの声優を務める女優・松たか子(37)も同曲を披露。さらには、主人公・アナの声優を務める女優・神田沙也加(27)も挿入歌「生まれてはじめて」を歌っており、演技とともにその歌声が高く評価されているのである。

 そうした中、早くもMay J.は、「スケジュールは今から空けています。手帳には仮で『紅白』と書いています」と発言するなど、出場に色気を見せて、駆け引きを開始した。ところがこんな声も出ている。

「『アナ雪』を目玉にしたいNHKサイドは『May J.だけでは弱い』と判断しているようです。彼女はバラエティ番組のカラオケ企画でブレイクし、カバーソング中心の活動で、オリジナルのヒット曲もない。1曲単位で購入できる配信チャートを見れば、世間も長らく独占1位をキープし続けた松の出演を望んでいるのは明らかですね」(某レコード会社幹部)

 結局、特別企画枠での3人のコラボが有力視されているのだ。が、松サイドが3人での共演に難色を示しているというのである。

「最近、音楽活動から距離を置いていたことで、『私なんか、とてもとても』と、表向きは謙虚な姿勢を示している一方で、NHKには『紅白出場条件』について『ソロでしか歌わない』と突きつけているそうです。女優として確固たる地位を築いた彼女にとって、“格下競演者”2人と一緒にされたくはないというプライドの問題なのでしょう」(前出・レコード会社幹部)

 歌舞伎界の名門に生まれた、松のプライドの高さは広く知られている。

「最近も、7月から放送される木村拓哉主演の『HERO』(フジテレビ系)続編の出演オファーを『何で、あっちのスケジュールに合わせなきゃいけないの!』と蹴ったといいます」(某芸能プロマネジャー)

 そんな松も吹き替えで姉妹を演じた神田とは、バラエティ番組や、インタビュー取材などで共演しているが‥‥。

「番組では、神田が『早くお会いしたかったです!』と松に気を遣っているのがアリアリでした。神田はツイッターでも〈松さんみたいなお姉さんがほしい、いや松さんがいい!〉と媚を売るようにつぶやいていたほど。対する松は、それが当然とばかりに冷めた対応ばかりでしたからね」(前出・芸能プロマネジャー)

 自身同様に、ミュージカル経験女優として目をかけてもいい神田に対してさえこのありさまでは、実績の乏しいMay J.にはさらに厳しい目が向けられているとも。芸能評論家・三杉武氏が語る。

「May J.さんの所属レコード会社は『紅白』出場を相当後押ししているようですから、松さんサイドが共演に難色を示すようであれば、ひと悶着起きそうですね。最悪、松さん抜きでの特別企画という可能性もあります。多くのファンは松さんの歌声も聴きたいのでしょうけど‥‥」

 はたしてNHKは、雪山のように高い松のプライドを大みそかまでに氷解させることができるのか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ