社会

鈴木章浩氏がセクハラヤジを飛ばさずにはいられなかった魔性の84センチDカップ

 東京都議会のヤジ騒動で一躍、時の人となってしまった84センチDカップの元グラドルで、“美しすぎる都議”の塩村文夏氏(みんなの党)。6月18日の都議会で、「女性が一人で妊娠・出産・育児で悩んでいる」と質問した塩村氏に、「早く結婚すればいい」との女性蔑視とも取れるセクハラヤジが飛び、これが瞬く間にネットで大騒ぎとなり、海外にまで飛び火する事態となった。23日になって、鈴木章浩氏(自民)が当初の全面否定を覆し、自身の発言であることを認め謝罪、会派離脱を申し出た。しかしその後、事務所に生卵が多数ぶつけられるという事件も発生。

「ヤジ以上に、最初にしらばっくれて全面否定したのがカッコ悪い。自民党も、こんなことで党の人気を絶対に落としたくない。上から圧力がかかって逃げ道がなくなり、ようやく“自主”したというのが実情です」(週刊誌記者)

 一方で、塩村氏にも原因の一端はあるとする声も。

「7年前に出ていた『恋のから騒ぎ』(日本テレビ)では、高ビーで上目線のトークが人気でした。政治の世界でもどこか浮いた雰囲気を醸し出しているというウワサもあります。ヤジは絶対悪いですが、仮にあの質問をしたのが塩村氏でなければ、鈴木氏もヤジったかどうか…」(テレビ関係者)

 もう36歳、まだ36歳。この騒動を機に、再びグラビアで魔性ボディを披露して欲しいと切望するのは下世話過ぎるか?

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」