芸能

「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩

 女医でタレントの西川史子が、2007年からレギュラー出演していた「サンデー・ジャポン」(TBS系)を、3月22日の放送で卒業した。

 前々日に一部スポーツ紙で報じられたところによれば、今後についてはタレント業は引退しないものの、本業である形成外科医として美容医療にも力を注いでいくという。

 医大生時にはミス日本にも出場、同時期にはすでに「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)で第3期生として出演。その後は医療活動の傍ら美人女医として高飛車、高慢なキャラで人気者となり、バラエティ番組を中心に引っ張りだこ状態となった。

「ただ、そうした強気な態度はあくまでテレビ用で、実際にはどんな相手に接しても平等に接し、非常に気を遣うきめ細やかな性格。そのため出演番組の期待に応えようとするあまり、発言の過激さがエスカレートしてしまい、ブーイングを食らうことも多々ありました。彼女を知る周囲からは、作り上げたキャラと実際の性格とのギャップが負担になっているのではないかと、心配する声も聞かれたほどですね」(芸能記者)

 09年には10年来の友人だったという元区議会議員と結婚するも、14年に離婚。16年は5月と12月、翌年も7月に胃腸炎で入院し、同時に明らかに激ヤセしている姿が話題となり、体調面での様々な憶測が流れた。

「それについても、芸能活動と本業を頑張り過ぎてしまったストレスや、一人身になったことへの将来に対する不安から来たものと言われており、事実であれば彼女らしい原因と言えますね。最近ネット上には《見ていて痛々しい》が目立つ一方、今回の卒業については《また美貌を取り戻してほしい》といった声もあるだけに、しばしタレント業を少なめにするには絶好のタイミングだったのかもしれません」(夕刊紙記者)

 22日の「サンジャポ」では今後について田中みな実に相談したことが明かされ、「自分を磨けと言われました」としていた西川。今後に期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」