芸能

ハリポタ舞台「ハリー役」に50歳の藤木直人「それでもファンが納得する理由」とは

 世界中のファンを熱狂させた舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が、日本のオリジナルキャストで登場して好評を博している。今年で2年目を迎えるという。

「この作品は、原作者がハリポタシリーズの『8番目の物語』として、演出家と脚本家とで共同創作したものです。2016年にロンドンで開幕して権威ある演劇賞に輝くなど成功を収め、その後は世界6都市で大ヒットしました。東京はアジア初、世界では7番目の開幕となります」(演劇ライター)

 日本での初年度は2022年7月8日に開幕。舞台では、これまで藤原竜也、向井理、石丸幹二のトリプルキャストが主人公のハリーポッター役を演じてきた。今年は初年度と同様に3人のキャストが起用される予定だが、1人目のキャストとして発表されたのが、藤木直人だった。

《えっ、藤木直人って50歳じゃなかったっけ》《ハリーポッターといえば、少年なのでは》と、違和感を覚えたファンもいたようだが、実は、舞台の設定は「37歳になったハリー」なのだ。しかも、ハリーには子供がいて、ホグワーツ魔法魔術学校に入学する次男・アルバスを、キングス・クロス駅まで見送るシーンから始まるという。実際、初年度のハリポタ役の石丸はアラカンである。

「実はハリポタ役に向井理や藤木直人が抜擢されたことで、すでにハリー・ポッターを卒業したような40代~50代の女性たちが再び戻ってきているんです」(芸能ライター)

 ファンからもこんな喜びの声が聞こえてくる。

《娘がハリポタ好きで、観たいと言うからチケットをとろうと思ったら、ハリー役が藤木さんだと知って震えました。舞台装置もダイナミックで画期的と聞くし、楽しみです》

「実際のハリー役のダニエル・ラドクリフも33歳。少年ではなくなっていますし、ポッタリアン(ハリー・ポッターファン)は物語の世界観が好きなので、年老いたハリーでも大丈夫なんです」(前出・芸能ライター)

 ちなみに、残り2名のハリー役は今後、随時発表されるという。どんな「おやじハリー」が登場するのか、楽しみに待ちたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」