芸能

ガン死!鮎川誠にYMOがもちかけた「一緒に作らないか」で爆発ヒット/日本音楽シーン「名作裏面史」

 シーナ&ロケッツ(以下、シナロケ)のギタリストでボーカルの鮎川誠さん(享年74)が1月29日、膵臓ガンのため死去した。公式サイトによれば、鮎川さんは昨年5月に膵臓ガンが判明。医師から「余命5カ月程」との宣告を受けていたが、いっさい病気を公表せずに全国ツアーを続行。その理由が、シーナさんに対する思いだったという。

 サンハウスのギタリストだった鮎川さんが、妻のシーナさん(故人)らと共に福岡から上京後、シナロケを結成。1stシングル「涙のハイウェイ」(エルボンレコード)でデビューしたのは79年3月だった。

 サンハウス時代には故・高橋幸宏さんが在籍するサディスティック・ミカ・バンドとコンサートで一緒になったこともあり、東京でのライブ開催時、客席には高橋さんの姿が。するとライブ終了後に「君たちの音楽はおもしろいね。細野(晴臣)さんにも紹介したいから、一度遊びに来ない?」と誘われた。YMOがクリスマスに開催する、業界向けお披露目ライブに参加することになったという。

 だが、縁というのはわからないものだ。今度は細野から「僕らと一緒にレコードを作らないか」との打診があり、シナロケはアルファレコードに移籍。そして細野、高橋、坂本とコラボしたアルバムが、のちにJALのCMソングに起用され、爆発的なヒットとなる「ユー・メイ・ドリーム」を含む「真空パック」(79年10月)だったのである。

 とはいえシナロケの本領は、あくまでもジェームズ・ブラウンやキンクスに通じる、単純な歌詞と粗削りな演奏のロックンロール。そのため、ニューウェーブ調のサウンドに違和感を覚えたサンハウス・ファンもいたようだが、鮎川さんが放つ鋼のビート魂はむろん、健在。それを支える鉄壁のリズム隊。炸裂するシーナのナスティでキュートな歌声は、今聴き返しても傑作というほか、言葉が見つからない。

 生前、鮎川さんはインタビューでこう語っている。

「オレがギターを弾くのはファンのため、なんてかっこつけて言うたこともあるけど、全然違った。オレはシーナに向けて弾いていた。シーナに褒められることがうれしかった。オレよりも5つも年下なんだけど、母親みたいな存在やった」(朝日新聞デジタル・20年03月18日)

 最後のライブは昨年12月19日、京都のライブハウス「磔磔」で。そして鮎川さんは3人の娘たちに見守られ、眠るように息を引き取ったという。友人の武田鉄矢はこうコメントしている。

「本当に愛妻家だったので、今まっすぐ向かっていると思います。マコちゃん、シーナとまた会えて良かったね」(デイリースポーツ・1月30日)。

 冥福を祈りたい。

(山川敦司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の元4番打者が驚愕!元バレボール日本代表・益子直美の背筋力は「200キロ」だった
2
「宮田さんはタバコ臭い」体操女子・宮田笙子〝ヘビースモーカー〟証言がもう止まらない
3
相撲史に残るアイコンタクト!横綱・照ノ富士の全勝街道を支える「名勝負」にファンが涙
4
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
5
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体