スポーツ

青学大・原晋監督が都知事選立候補で「小池百合子とガチンコ激突」の仰天情報

 来年の東京都知事選では、現職の小池都知事が三期目を目指すのか。そして対立してきた自民党は、候補者を擁立するのか。

 早くもそんな話が囁かれ始める中、自民党内で今、都知事候補として名前が急浮上している人物がいる。なんと、青山学院大陸上部の原晋監督である。

 原監督は04年に青学陸上部監督に就任。箱根駅伝4連覇を含む、6度の総合優勝を果たすなど、その指導手腕が注目されると同時に、近年はテレビ出演に講演と多忙な日々を送っている。

 1月28日には「クイズ!倍買(ばいばい)」(TBS系)に出演し、100万円を獲得して喜びを爆発させていたかと思えば、NHK「サタデーウオッチ9」にコメンテーターとして出演するなど、八面六臂の活躍ぶり。自民党関係者も言う。

「確かに原さんは都知事候補として名前が挙がり、接触を試みる動きもある。もっとも、すでに最近の国政選挙では常に有力候補の一人として浮上しており、それだけカリスマ的な指導力と、バランスの取れた感覚が高く評価されているということ。知名度も抜群で、喉から手が出るほど欲しい候補ですよ」

 問題はやはり監督業で、

「政治家転身へ腹をくくるかどうかは、今年の出雲、全日本、そして来年の箱根駅伝と三大駅伝を終えて、ひと区切りつけてからでしょう。特に箱根で勝てなければ、原さんは動かないと思いますよ。あとは、原さんを支える奥さんの意向が大きいのでは」(駅伝関係者)

 一方、小池氏の動きはどうか。都議会関係者が語る。

「昨年末から太陽光発電関係など、大きなテーマを次々に掲げ、都民に猛アピールしている。これが三期目への布石なのか、それとも国政への布石なのかは不明です。ただ、都知事選となると小池さんのマンネリ感は否めず、都民の間で『そろそろ交代しては』という機運が高まる下地がある。原さんとぶつかるようなことがあれば、かなりの接戦になるのでは」

 両者の激突、見てみたい。

(田村建光)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか