芸能

1億円超の借金で北極点に到達した冒険女優の「爆上がり講演料」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 創造的な冒険や探検を行った人物に贈られる「植村直己冒険賞」の授賞式が2月6日に都内で開催され、大阪出身の28歳の登山家が、栄誉ある同賞に輝いた。

 植村氏といえば、1970年に世界最高峰エベレストに、日本人として初めて登頂。78年には、犬ぞり単独行で世界初の北極点到達を成功させた、誰もが知る冒険家だ。

 だが、芸能界の中にも北極点到達に魅了され、62日間の苦闘の末に770キロを走破し、日本初、自力での北極点到達という快挙を成し遂げた女性がいた。それが女優・和泉雅子である。

 東京・銀座生まれ。14歳から女優として活躍し、日活時代には吉永小百合、松原千恵子と並ぶ「3人娘」と呼ばれた青春スターだ。その和泉がテレビのレポーターとしての、1カ月の南極取材ですっかりハマッてしまったのが、冒険の魅力だった。なんと女優生活27年で蓄えた7000万円を自己資金に6000万円を借金し、計1億3000万円をつぎ込んで85年、北極点を目指す旅に出発。しかし、北極点まで160キロの地点で、無念にも氷の裂け目に阻まれ、到達断念を余儀なくされてしまう。

 帰国後の記者会見では「借金を返したら、また挑戦したい」と語っていたが、事実、4年後の89年1月、再挑戦のため日本を出発。そして5月10日、ついに北極点到達という快挙を成し遂げることになったのである。

 5月30日、4カ月ぶりに帰国した和泉は成田空港で会見を開き、

「(北極点に到着した瞬間は)何も思わなかった。もう、足がよれよれでね、くたびれちゃっていたから。『これでやっと帰って餃子で一杯か!』くらいで。逆に帰ってきて1週間ぐらい経ってから『ああ、本当に北極点に到達したのか』って。いやぁ~、でも面白かったわよ~。遠征ってこんなにも楽しいものなのか、って」

 マイナス42度の寒さに耐え、強烈な紫外線を浴びたことで、顔はボロボロ。体重は出発前より7キロも減ってしまったというが、

「ダイエットもお化粧もしません。自然が一番。顔のシミなんて、そのうち取れるから。えっ、結婚? さぁ、きちんとやっていく自信がないから、しないと思います」

 そう言って、笑いをとったのだった。

 1回目の借金は、講演や女優業に邁進する傍ら、クズ野菜を分けてもらって食べるという「超節約」生活を送って返済したと聞いていただけに、2回目も1億円超の借金返済が気がかりだ。

 そこでタレントの講演などを企画するプランナーに話を聞くと、

「何言ってるんですか。彼女の講演料は、最低でも1回50万円。今回の北極点到達で、さらに付加価値が付いたはずです。噂ではすでに500本近い講演依頼が入っていると聞きますから、単純計算で2億5000万円。全額返済してもおつりがきますよ」

 続けて8月には著書も出版予定だと聞き、改めて41歳独身女性の逞しさを痛感したのだった。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ