芸能

今年は吉本興行から異例の「6組」が…関西芸人が東京進出にこだわる「ギャラ事情」

 よしもと漫才劇場(大阪)所属のコンビ6組が3月いっぱいで同劇場を卒業し、4月から東京を拠点として活動するという。マルセイユ、ロングコートダディ、シカゴ実業、ニッポンの社長、マユリカ、紅しょうがの面々だ。

 YouTubeの「よしもと漫才劇場チャンネル」で「よしもと漫才劇場から大切なお知らせ」と題し、生配信で明かされた今回の発表。予想以上の東京進出組の多さに、ファンからは悲喜こもごもの声が飛び交っていた。お笑いライターが語る。

「最近は毎年、関西芸人の誰かが、春から東京進出するのが恒例となっています。18年はかまいたち、ダイアン、19年は霜降り明星、ミキ、20年はアインシュタイン、蛙亭、21年は守谷日和、22年は見取り図でした。そして今年は6組と、一気に増えましたね」

 多くは東京で成功しているようだが、そもそもなぜ関西芸人は東京を目指すのか。

「やはりギャラや知名度が格段に上がるため、決断するのでしょう。同じ時間帯のテレビ番組でも、東京ではギャラが2~3倍と言われています。例えば見取り図のリリーは、大阪時代の家賃は4万円でしたが、今は30万円だとか。大阪芸人が東京進出組とたまに大阪で会うと、着ている服もどんどん変わっていくそうで、それだけ収入がアップしている証拠でもある。もちろん、東京に出ても全く売れない場合もあるため、大きな賭けであるのは間違いありません」(前出・お笑いライター)

 今回の6組は2~3年後、東京に残っているのだろうか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」