芸能

川口春奈CMランキング首位までの「低視聴率女王」「代役騒動」苦難のプロフィール

 川口春奈が2022年の「タレント別テレビCM起用社数ランキング」(ビデオリサーチ社調べ)で、初の首位を獲得した。

 川口は「サントリー」「はま寿司」「ライオン」「味の素」など21社に起用。2位は20社の今田美桜、本田翼だった。芸能ライターによれば、

「川口のCM契約料は推定3500万円。新垣結衣や長澤まさみといったトップクラスが8000~9000万円といわれ、企業側にしてみればかなりのお値打ち価格です。オファーが殺到するのも納得ですね」

 現在、売れまくっている川口だが、かつては「低視聴率女優」と揶揄された時期もあった。13年のドラマ「夫のカノジョ」(TBS系)は3%台の視聴率を連発し、8話で打ち切りになっている。

「その後はしばらく女優活動が低迷しましたが、20年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に、薬物騒動で降板した沢尻エリカの代役として出演。その好演が評価され、同年のCMが8社にまで増えました。さらにSNSで飾らない素顔をさらして親近感を増し、YouTube登録者、インスタのフォロワーが急増したところへ、昨年10月期のドラマ『silent』(フジテレビ系)が大ヒット。その流れで一気にCM女王に躍り出たわけです」(前出・芸能ライター)

 振り返れば、川口が上昇気流に乗ったのは沢尻の代役がきっかけだったわけだが、川口の他にも「代役」をきっかけにブレイクした女優はいる。

「04年のヒットドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)は、石原さとみが主役の予定だったのが同じ事務所の綾瀬はるかに代わり、これが綾瀬のブレイクに直結した。05年の『花より男子』(TBS系)も当初、上野樹里が主役のはずでしたが、イメージが合わないということで、井上真央に代わると一躍、人気女優に踊り出ました」(テレビ関係者)

 数少ないチャンスをものにするかどうかが、運命の分かれ道といえそうだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」