芸能

「俳優廃業」神田正輝の緩やか終活ライフ

「俳優としての姿を見られるのは、このドラマが最後になるかもしれません」

 そう話すのは、民放局関係者。3月17日の放送で30年の歴史に幕を閉じる「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車シリーズ」(フジテレビ系)に出演する神田正輝(72)のことだ。

 昨年秋には一部で神田の「引退説」が浮上。理由として「個人事務所を閉鎖」「セリフを覚えられなくなった」などと報じられた。

「18年のドラマ『下町ロケット』(TBS系)以降、俳優業のオファーはすべて断っているそうです。『年齢も年齢だから、ゆっくり仕事していく』と関係者に話していますが、いまだ娘の沙也加さんのことで心の傷は癒えず、なかなか演技をする気力が湧いてこないのでしょう」(前出・民放局関係者)

 現在、神田のレギュラー番組は97年からメインMCを務める「朝だ!生です旅サラダ」(朝日放送系)のみ。4月からは新MCとして松下奈緒が加わり、31年目に突入する。

「神田は新規の仕事をするつもりはなく、『旅サラダ』だけ続けていきたいようです。番組を見ればわかりますが、出演者もリラックスしたアットホームな雰囲気がウリで、それが朝から癒やされると長寿番組になっているのです。神田も『まるで実家にいる気分』と言っているほど、気に入っています」(朝日放送関係者)

 ちなみに、「旅サラダ」のギャラは、「1回80万円程度」(スポーツ紙記者)だそうで、月に320万円、1年に48回の放送で計算すると3840万円になる。

「神田1人なら、そのギャラだけで、十分やっていけますからね。彼は、特に趣味にお金をかけるわけでもなく、ハイブランド好きというわけでもない。気に入ったものを長く大事に使うタイプなので、お金のためにあくせく働く必要性を感じていないのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 すでに、緩やかに終活ライフを始めたようにも見えるのだが‥‥。

「沙也加さんが亡くなった当時、その埋葬先が取りざたされました。神田の母親で女優の旭輝子さんが眠る墓地も候補になりましたが、最終的には松田聖子さんの実家の菩提寺に納められました。となると、沙也加さんに会うには九州まで行かねばなりません。その供養にも時間がかかります。近しい人には、『少しずつ、仕事も身の回りのことも“始末”している』と話しているそうです。まあ、仕事でもプライベートでも、あれだけモテる人ですから誰も放ってはおかないでしょうけどね」(女性誌記者)

 ドラマ「太陽にほえろ!」で殉職しなかったドックを演じた神田だけに、人生の最終章まで表舞台で活躍してほしいのだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴