芸能

前田敦子 R15指定映画も本人出演シーンはR指定なし

20140807d

 舞台は東京・新宿歌舞伎町のラブホテル。ピンク映画の巨匠・廣木隆一監督と、これまた数々のポルノやピンク映画を手がけた脚本家・荒井晴彦氏のコンビ。そしてR15指定。こんな条件が整えば、誰しも「何か」を期待するのは当然である。だが、主演が元アイドルだからか、その「何か」がスッポリと抜け落ちていたのである。

 AKB48を卒業する際、前田敦子(23)は「本格的な女優を目指す」と宣言し、ドラマ、映画の世界へと飛び込んだ。映画監督、脚本家、評論家、配給・宣伝・興行関係者、映画製作者らが選考委員として投票する日本映画プロフェッショナル大賞では12年度に「苦役列車」で、13年度は「もらとりあむタマ子」で、2年連続の主演女優賞を受賞するなど、一定の評価を得ているように見える。

「さよなら歌舞伎町」(東京テアトル/来年1月公開)は、歌舞伎町ラブホテルの店長・徹を若手俳優の染谷将太(21)が、有名ミュージシャンになる夢をかなえようともがく女性・沙耶を前田が演じる。2人は倦怠期を迎えた同棲カップルという設定だ。映画メディアでは「身も心もむき出しになった男女がラブホテルで出会った時に何が起きるのか」という報道もあり、いやが上にも期待感は高まろうというものだが‥‥。

 映画製作関係者が渋い表情で言う。

「作品には元AV女優などのいわゆる『脱ぎ要員』が複数出演しており、R15指定はそのせいです。前田の露出が過激だからではありません。露出といっても、せいぜいキャミソール姿と、コトが終わった直後の、シーツにくるまっているシーンだけ‥‥。ラブホテルの部屋に前田がいるという状況だけが、ファンが興奮する要素ですかね」

 ピンク映画出身の廣木監督は一般作のメガホンを執ってからも「さわこの恋」で斉藤慶子を初脱ぎさせ、「ヴァイブレータ」では寺島しのぶがトラックの中で激しい性行為に及んだ。荒井氏もまた、監督・脚本を手がけた「身も心も」では、かたせ梨乃の壮絶なカラミを演出したほか、石田えりの「遠雷」、吉本多香美の「皆月」など、際どいシーンを描き出している。なのに、である。

 映画ライターの若月祐二氏も落胆の色を隠さない。

「女優としての凄みが感じられないんですね。まだアイドル的な部分を引きずっている気がします。写真集では手ブラまでやっているのに、なぜこんなに露出がないのか。しかもテーマがテーマでしょ。ベッドシーンぐらいあって当然だと思いますよ。大人の女優になるのなら、真木よう子を見習って、それなりの覚悟でズバッと脱がないと。このままでは(同じく女優に転向している)ライバルの大島優子に先を越されてしまうんじゃないですか。彼女はAKB時代、楽屋でしょっちゅう裸になっていたというし、脱ぐことにさほど抵抗がないんじゃないかな」

 上映されれば大ブーイング必至である。なぜこんなことになったのか。先の映画製作関係者が、舞台裏を明かす。

「もともとの脚本には主演のベッドシーンが書かれてありました。もちろん全裸です。ところが前田に決まった時点で、全て削られてしまった。事務所からNGが出たからです。前田中心の現場に変わってしまい、監督が愚痴っていたとも‥‥」

 撮影中、染谷が走るのを見ているシーンで2時間もNGを連発したあげく、「納得いかない」と監督に逆ギレし、控え室に立てこもったという前田。本格女優と言いながら脱げないアイドル女優は、NGの上塗りをしたのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから