エンタメ

有名男女13人「人生引き際」の美学 (5) 小泉純一郎 チルドレン杉村太蔵が振り返る「総理の出処進退」 「選挙に6回勝って辞めたのは見事だった」

「自分の役割は済んだ」――そう言い残して、政界を引退したのは小泉純一郎元総理だ。5年5カ月という長期の総理在任期間。自民党の総裁任期を全うしての退陣だった。

「政治家の引き際は政治家自身が決めるものですが、自民党総裁の任期を全うしての退陣といい、政界引退の決め方といい、小泉元総理の引き際はみごとでした」
 そう語るのは小泉チルドレンの一人、元参議院議員の杉村太蔵氏だ。
 小泉元総理が政界を引退したのは08年9月25日のこと。支持者を横須賀市の事務所に集め、
「選挙に出る時はみんなに相談し、辞める時は自分一人で決めるのが政治家だ。36年の議員生活にピリオドを打ちたい。支えてくれた皆様にお礼を言いたい」
 と、みずから切り出したのだ。
 杉村氏が続ける。
「小泉元総理はやりたいこと、やろうとしていることが凄くわかりやすかった。そのため、求心力があったのだと思います。総理就任後3カ月後に参議院選挙を経験していますが、それに大勝。結局、総理在任期間中、2度の衆院選挙に2度の参院選挙、そして2度の総裁選と計6回の大きな選挙に勝利している。こんな総理大臣は世界中探しても小泉さんだけですよ」
 09年夏の衆議院選挙で政権を奪取した民主党だが、鳩山元内閣から菅内閣に政権が替わり、野田政権が誕生したものの、国民に信は問うていない。
「野田総理は、国会の所信表明演説でも触れなかった消費税10%への引き上げを、フランスのカンヌで外国首脳に向けて初めて公言した。消費税は最大の国内問題です。それを国際公約して帰ってくる。国民に対して、こんな失礼なやり方は小泉政権では絶対にありえない話です。マニフェストを修正するなら、解散して国民に信を問うべきです。また、内政力が高いと外交力も強まる。自分の国をしっかりまとめ切れている政治家は外交もうまい。野田総理もしっかりと内政を安定させ、力強い外交力を発揮してほしい。今のように、ただ頭を下げているのはどうかと思います」
 その点、小泉元総理は国民に選ばれているという意識があっただけに、内政力も高く、外交力もあった。
「BSEの問題ではアメリカから圧力もありましたが、全頭検査という日本の主張を通した。毅然としていましたよ」
 小泉元総理の盟友として深い交流のある森喜朗元総理は「小泉政権には功罪がある。改革は長いレンジで見なければわからないが、むしろ今は『罪』のほうが出ている」と、その政策が格差を助長した点を指摘した。
 だが、マニフェストを修正したのに、公約に反して衆議院を解散しない野田総理とは雲泥の差だ。
「今の政権は国民に信を問うていないと、安倍政権をやり玉にあげた急先鋒は前原さんと野田さんでした。言っていることとやっていることが全然違うことに首をかしげざるをえないが、全然ぶれなかったのが小泉元総理でした」
 その政策に賛否両論はあるにせよ、一本筋が通っている点は今の政治家と違うというのだ。
 散り際の美学を守ったところにもそれは表れている。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”