社会

小泉純一郎“原発即ゼロ要求”で蠢く「北方領土奪還」密約!(3)小泉氏とプーチン大統領との間にホットラインが存在?

20131205g

 小泉氏は総理時代の04年に、海上から北方領土を視察し、プーチン大統領から不快感を表明された間柄だ。森氏を通じてとはいえ、小泉氏が簡単にロシア側の提案を鵜呑みにするのだろうか。永田町関係者が言う。

「もともと小泉氏とプーチン大統領は信頼関係にありました。06年のサンクトペテルブルク・サミットの夕食会で、小泉氏はコサックダンスを披露。その際、プーチン大統領は『小泉はよほどのバカでなければ、かなりの大物だ』と感心し、信頼関係を回復しています。現在も小泉氏とプーチン大統領との間にはホットラインが存在していて、今回も大統領から『エネルギー政策の多角化には大賛成だ』との言質を得ていると聞いています」

 とはいえ、小泉氏の提言はすでに挑発の域に達している。実際に安倍総理の周辺も穏やかではない。

 政治部記者が話す。

「政権内部では、小泉氏の一連の言動に対して『言わせておけ』と冷ややかな対応が圧倒的に多いです。中には、『だいたい、小泉氏は日米原子力協定を知らないんじゃないのか』とか『脱原発を主張する前に、政治生命をかけた郵政民営化がどうなったのか、国民の前で説明してからにしてほしい』と、あからさまに怒っているベテラン議員もいるほどです」

 森氏が小泉氏に話したとされる内容は、当然のように安倍総理にも伝わっているはずで、今回の対立は、うわべだけということなのか。政治部デスクはこう話す。

「ソ連時代から、森氏や安倍総理、小泉氏が所属していた派閥である清和会が自民党内では対ロシアのパイプや利権を握っていました。少なくとも、再稼働を目指しつつも原発依存度を下げると明言している安倍総理にとっては、代替燃料の輸入先の選択肢を増やしていくことは、価格の面でも安定供給の面でもプラスです。そういう意味では、現状のロシアとの関係はうまくいっていると言えます。今回の小泉氏と総理の対立ですが、国会閉幕後に両者が会談する予定とも言われていて、その全貌が明らかになることでしょう」

 はたして、小泉vs安倍の「脱原発バトル」は、シナリオどおりのヤラセなのか、それとも本当にガチンコだったのか‥‥。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)