社会

大阪「ヒョウ柄オバちゃん」が駆逐されたのはなぜなのか…その理由がわかった

「大阪の街を歩いても、ヒョウ柄オバちゃんがほとんどいなかったことに驚きました」

 これは今年初めに、都内の30代OLが友人と大阪旅行に行った時の感想だ。

「何人かは見た記憶があるにはありますが、ポツンポツンぐらいで…」

 ヒョウ柄オバちゃんは、大阪名物のひとつである。東京などでは考えられないド派手なヒョウ柄衣装で街を闊歩する姿は、多くの番組で取り上げられたものだ。ところが、である。それが見られなくなったのだ。

「ディープ・サウスと呼ばれるミナミの歓楽街にも行きましたし、日本一長いアーケード街の天神橋筋商店街にも行きました。けれど、本当にヒョウ柄オバちゃんはいなかったですね。私たちは前から歩いて来るオバちゃんたちが皆、ヒョウ柄だと想像していたんですけど、そんなことはありませんでした(笑)」

 一体、ヒョウはどこかに逃げてしまったのであろうか。

 大阪のヒョウの生息地は、通天閣をシンボルとする新世界周辺が中心である。朝から酒を提供する居酒屋や串カツ屋などが軒を連ね、フグ料理で有名な「づぼらや」の大きなフグの看板が目を引く。これぞ大阪、というディープな雰囲気を醸し出している地域である。

 通天閣前の通りの衣料品の店々には「見てくれ」とばかりに、ド派手なヒョウ柄のシャツが並んでいるが、ここでもヒョウ柄オバちゃんの数は少ないし、そもそも客が少ないのだ。

 地元の50代の女性がケラケラと笑いながら、事情を説明してくれた。

「あんなぁ、コロナ禍になって皆、家に閉じこもってたやろ。ヒョウ柄シャツいうのは自分の存在感を見せる意味があったから、その機会が減ったら出歩かなくなるワケやんか。それと、不況のせいでヒョウ柄をやめて、ユニクロやしまむらの商品にチェンジするオバちゃんが増えたん。ヒョウ柄シャツは高いからなぁ。私の何人もの知人も、ヒョウ柄はやめてもうたよ。だから今でもヒョウ柄を着ているオバちゃんは『私はお金がありまっせ』という自慢みたいなもんなんや。私は着ぃひんけどな」

 そういえば、新世界で売っているヒョウ柄シャツは、軽く1万円を超えていた。大げさに言うなら「ヒョウ柄=ブランド物」であるが、このご時世では手軽に買えるというようなものではない。

 大阪名物を駆逐したのは不況の波だった、というオチなのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは