芸能

フジ・渡邊渚 出演時間大幅増!極細ウエストとなぎパイ効果でファン急増

 どれだけ長い時間テレビに出られるか。女子アナにとって「出演時間」は人気と実力のバロメーターだ。群雄割拠の女子アナ業界で、入社4年目のホープが、あの大物フリーアナを相手に大金星を挙げていた。

「業界でひそかに話題になっているサイトがあるんです。そこでは女子アナのテレビ出演時間の統計を取っていて、月ごとにランキング化されています」

 広告代理店関係者がこっそり教えてくれたのが「TV─RANKING」なるサイト。

 今年3月のテレビ出演ランキング・アナウンサー部門で131時間40分という記録を叩き出し、3位に食い込んだのは、フジテレビの渡邊渚アナ(25)。1位、2位は男性アナが占めていることから、女子アナ部門ではトップ。なお、4位(女子2位)には118時間15分で2期後輩の岸本理沙アナ(23)がランクイン。フリーアナの新井恵理那(33)が85時間32分で5位(女子3位)に続く結果となった。

 大物超えを果たした要因について、前出・広告代理店関係者はこう分析する。

「昨年12月の段階では、女子アナ部門で11位。出演時間も約65時間でした。今年に入って大躍進した理由は、『めざましテレビ』の出番が増えたことと、3時間という長丁場の生放送バラエティー『ぽかぽか』で木曜レギュラーを務めたのも大きい。さらに日曜の『ワイドナショー』のアシスタントに抜擢されるなど、今やフジの顔になりつつあります」

 女子アナ評論家の丸山大次郎氏は渡邊アナの活躍ぶりを評して、

「よく整ったルックスの中にも愛らしさがあって、嫌味を感じさせない天真爛漫なキャラクターが売り。どんなロケでも楽しそうにこなすので、好感度が重視される朝や昼の番組に向いていると言えます」

 渡邊アナといえば、これまで推定Gカップの美巨乳で男性ファンの視聴を釘づけにしてきた。入社1年目の20年に出演した「ネプリーグ」ではクイズに正解するたびに飛び跳ねて、“なぎパイ”を激しく上下させたものだ。ややもすれば、デカすぎるバストは、女性視聴者から反感を買いそうだが、

「渡邊アナのインスタグラムを見るとよくわかるのですが、彼女はウエストがかなり細いタイプで、下半身から脚にかけてのラインも美しい。全体的にスラリとした印象を受けるので、男女問わず支持されるのではないでしょうか」(前出・丸山氏)

 美巨乳を際立たせる極細ウエストを武器に、新年度も出演時間ランキング上位をキープしてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬