芸能

清原和博 側近が頭を抱えた“絶叫錯乱”現場(2)警察を意識した暴言も…

20140828s

「都内の大学病院に通い、『治療』を受けるかたわら、東京・六本木にある『A』というサウナに頻繁に出入りしていましたが、最近は場所を移し、同じ六本木のサウナ『V』でたびたび目撃されています」

 引退後の清原氏を知る球界関係者は近況についてこう話すと、さらに内情を明かすのだった。

「ある時、こんなことがありました。清原氏の側近として身の回りの世話や運転手などをしている人物が困り果てて、一本の電話をかけたのです」

 側近は差し迫った口調でこう懇願したのだという。

「会長、もうダメです。キヨさんを助けてやってください!」

「会長」と呼びかけられたのは、闇社会と深いつながりのある大物金融ブローカーとして知られ、北朝鮮問題にも関わる人物。豊富な資金力を利用して、芸能人やスポーツ選手を支援する「タニマチ」としての活動もしている。球界にも複数の大物OB、解説者らに人脈を持ち、清原氏はそのうちの一人である。

 先の球界関係者によれば、側近は「会長」に、次のように打ち明けたという。

「(清原氏が)『オラー、テメー! 警視庁でもどこでもかかってこいや!』とか、『かかってこいよ、コラ! 警視庁でも捜査員でも呼んでこい!』と言って、部屋で暴れるんですよ。しまいには『お前、捜査員か。呼んでこい!』と訳のわからないことまで。どうも錯乱したような状態なのか、それとも何か幻覚でも見ているのか‥‥」

 常軌を逸したブッ飛びぶりである。

 薬物疑惑を報じた「週刊文春」は、「(清原氏は)覚醒剤などの禁断症状に苦しんでいる」と断じた。事実だとすれば、この絶叫錯乱は、まさにそれに当てはまる行状ではないかと疑ってしまうのだ。

 清原氏が「かかってこい!」と挑発した警視庁も、薬物疑惑には多少なりとも関心を寄せているようで、前述した六本木のサウナ「V」の程近くにあるクラブに出入りするなどの行動を確認している。この店で清原氏は、複数のさる広域組織幹部と酒を飲み、お気に入りのホステスを指名したという。

「例えば、その組織の人物経由で何か薬物を仕入れて使用している、ということでも確認できれば、捜査として動くこともありうるでしょうが、どうなのか‥‥」(警視庁関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃