芸能

清原和博 側近が頭を抱えた“絶叫錯乱”現場(2)警察を意識した暴言も…

20140828s

「都内の大学病院に通い、『治療』を受けるかたわら、東京・六本木にある『A』というサウナに頻繁に出入りしていましたが、最近は場所を移し、同じ六本木のサウナ『V』でたびたび目撃されています」

 引退後の清原氏を知る球界関係者は近況についてこう話すと、さらに内情を明かすのだった。

「ある時、こんなことがありました。清原氏の側近として身の回りの世話や運転手などをしている人物が困り果てて、一本の電話をかけたのです」

 側近は差し迫った口調でこう懇願したのだという。

「会長、もうダメです。キヨさんを助けてやってください!」

「会長」と呼びかけられたのは、闇社会と深いつながりのある大物金融ブローカーとして知られ、北朝鮮問題にも関わる人物。豊富な資金力を利用して、芸能人やスポーツ選手を支援する「タニマチ」としての活動もしている。球界にも複数の大物OB、解説者らに人脈を持ち、清原氏はそのうちの一人である。

 先の球界関係者によれば、側近は「会長」に、次のように打ち明けたという。

「(清原氏が)『オラー、テメー! 警視庁でもどこでもかかってこいや!』とか、『かかってこいよ、コラ! 警視庁でも捜査員でも呼んでこい!』と言って、部屋で暴れるんですよ。しまいには『お前、捜査員か。呼んでこい!』と訳のわからないことまで。どうも錯乱したような状態なのか、それとも何か幻覚でも見ているのか‥‥」

 常軌を逸したブッ飛びぶりである。

 薬物疑惑を報じた「週刊文春」は、「(清原氏は)覚醒剤などの禁断症状に苦しんでいる」と断じた。事実だとすれば、この絶叫錯乱は、まさにそれに当てはまる行状ではないかと疑ってしまうのだ。

 清原氏が「かかってこい!」と挑発した警視庁も、薬物疑惑には多少なりとも関心を寄せているようで、前述した六本木のサウナ「V」の程近くにあるクラブに出入りするなどの行動を確認している。この店で清原氏は、複数のさる広域組織幹部と酒を飲み、お気に入りのホステスを指名したという。

「例えば、その組織の人物経由で何か薬物を仕入れて使用している、ということでも確認できれば、捜査として動くこともありうるでしょうが、どうなのか‥‥」(警視庁関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?