芸能

テーマも役者もいいのに…NHK朝ドラ「らんまん」がどうにもパッとしない理由

 NHK連続テレビ小説「らんまん」が、今ひとつ弾けずくすぶっている。「らんまん」は江戸時代末期に生まれ、明治、大正、昭和に生きた「日本の植物学の父」牧野富太郎をモデルとした物語で、男性主人公は3年ぶりという意欲作。主役は演技力に定評のある神木隆之介だ。

「植物をテーマに扱うという点も意欲的で、コロナ禍で外出できない期間に、ガーデニングにハマッた人は多く、期待感は大きかった。ただ、どうしても地味だ、という声があり、今のところ視聴率はパッとしません。ビデオリサーチの調査によると、初回世帯平均視聴率(関東地区)は16.1%。前作『舞いあがれ!』や前々作『ちむどんどん』より低い」(テレビ関係者)

 ただ、「ゲゲゲの女房」のように、初回14.8%から最高23.6%へとジャンプアップした作品もある。「らんまん」は江戸という階級差別や男女差別がひどかった古い時代から、自由や平等が叫ばれる新しい時代を背景にしている点など、現代人に魅力的に映る点がある。ツイッターには「面白い」という声も多く、まだまだわからないのだ。

 ではなぜ、今ひとつなのか。朝ドラ好きの芸能レポーターが言う。

「感情面の描き方が不足しているのではないでしょうか。幼くして母を亡くした悲しみや、姉の綾の失恋、いじめ、差別など、感情を揺さぶるはずの場面はいくらでもあるのに、そうした強い感情があまりにサラッと描かれていて、淡々としすぎ。ドラマはいかに視聴者の心を揺さぶるか、だと思うのですが…。これでは、役者の演技が生かされていません。どこに共感してドラマを見たらいいかわからないんですよ」

 ドラマのモデルも、演じる役者も揃っているのだから、もう少し「ドラマ」を描いてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談