エンタメ

ドンキホーテ谷村ひとし「“CRぱちんこAKB48 バラの儀式”の打ち方は?」(1)

「CRぱちんこAKB48 バラの儀式」が8月25日から関西エリアも導入され、全国津々浦々までライブ会場になっています。大阪のホールでは、1週間早く入ったAKB48の客付きや台売り(1台当たりの平均利益)などのデータが全国から届き、チェーン店などは導入前からメーカーに追加注文を出す人気ぶりです。

 もう一つの大スター「CR牙狼 金色になれ」も11月までの増産が発表されて、9万台が完売になりました。中古で1台140万円に急騰した牙狼ですが、なんと、60台まとめて購入したホールもあるほど、牙狼金色大明神は全国で引っ張りダコです。

 2014年夏のパチンコは、特大ヒット台がしのぎを削り、史上まれに見る盛り上がりを見せています。

 AKB48人気は2年前の12年8月登場の第1弾の比じゃなく、知名度やメンバーの認知度の高さは、この2年間でのパチンコと、彼女たちの活躍に尽きると言えそうです。ワンボックス30~40台のホールが、すでに倍の追加注文を出すほどです。朝イチ、開店前のホールの駐車場で、駐車スペースを探す“とび込み(業界用語で言う開店時の入場者数)”が、初代のエヴァ、牙狼、花の慶次人気のピーク時を超え、なお勢いは止まりません。

 だからといって一日中、同じ台にへばりついて打ち続けても簡単に勝てないパチンコ台が増えている中、AKB48も決して例外ではありません。1日大当たり15~25回の台が圧倒的に多いので、1日13時間打ってもプラスにするのは容易じゃありません。

 差玉と言って、一度に吐き出して出たり入ったりするピークの出玉が1万5000発クラスの、1日大当たり30~40回の台なら、MAXタイプ並みにドル箱を10~20箱積めます。しかしダメなホールは、このギリギリの差玉をしっかり現金でお客さんから回収するので、4万~6万円負ける可能性もあるAKB48です。

 1日40~60回という爆発台だと、2万~4万発の牙狼金色やルパン、リングにも負けません。AKB48でも5台に1台か10台に1台出現します。199分の1のライトミドルという初当たりの軽さがAKB48の最強の武器であるわけです。

 ボクは夕方や夜だけの実戦で、初打ち10連チャンで1万3000発の爆発、2度目が数珠つなぎ21回大当たり1万6000発、3度目はなんと、ストレート15連チャンで2万2000発でした。ヘタなMAXタイプよりも勝ちやすく、大勝ちの多いAKB48です。

 何が甘いかというと「MUSIC RUSH」中の「SUPER AKB BONUS」(15R)の偏りが、初代同様、とても47%とは思えないのです。

 オカルトですが、初代のRUSH中は「フライングゲット」を選曲して、Vを空中でキャッチするタイミングで入賞させて、10~20連チャンをよくGETしました。第2弾は、選曲ナンバーに、最初「フライングゲット」がなかったので、「恋するフォーチュンクッキー」を選曲したら、連チャンしまくったので、ボクのオカルト打法として、恋チュン選曲と、空中V入賞キャッチは外せません。

 日本ツアーからアジアツアー、そしてワールドツアー、さらにドーム凱旋ツアーで、スペシャルエンディングを拝めます。初代AKB48で20連チャン以上達成するよりもパワーアップしたバラの儀式は、設置台数も多く、スペシャルエンディングを見る可能性は、かなり高いはずですよ。

 ある程度、RUSH突入癖が偏るので、単発や2~3連の繰り返しで、甘デジのハマリ台のようにまったくと言っていいほど、ドル箱を積めない台も多いので、ハイリスクはナンセンスです。何のためにライトミドルを打っているのか、根本的に忘れたように大金を投じている方を多く見かけますが、高いチケット代を払ったからといって、東京ドーム凱旋ツアーに参加できるとは限りませんから、財布のヒモはしっかり締めてください。

◆プロフィール 谷村ひとし 1953年生まれ。95年、みずからの立ち回りを描いた「パチンコドンキホーテ」(週刊モーニング)で大ブレイク。過去20年間のパチンコ収支はプラス6200万円突破。累計で20万人以上を擁する携帯サイトで毎日情報を配信中。詳しくは「谷村パチンコランド」で今すぐ検索!

※この連載に記載されたメーカーごとの大当たりしやすい回転数や独自の攻略法はメーカー発表の内容ではなく、あくまで谷村ひとし氏の経験則であり、データ収集に基づいた私見です。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”