政治

広島サミットを痛烈批判した「北朝鮮スパイの一番弟子」をめぐる場外乱闘

 G7広島サミット(先進7カ国首脳会議)に関する朝日新聞記者のツイートが炎上している。ツイートの主は、武田肇高松総局次長。武田氏は「当アカウントは私的な感想を含めて抑制的に発信していますが、それでも『広島ビジョン』の中身は、広島で発する意味がないほど残念な内容だった、とは記しておきたいと思います」と書き込んだ。

「広島ビジョン」とは核兵器不使用の継続や、中国を念頭に核戦力の透明性向上のためのデータ共有などを打ち出した、G7初の核軍縮に向けた共同文書。しかも、ツイートは自社の編集委員である佐藤武嗣氏の記事に対するものだ。佐藤氏は戦争被爆地の広島に「米英仏の核保有国を含むG7首脳が広島に集い、『被爆の実相』に触れたうえで、広島から核軍縮を訴えた意義は大きい」と評価している。

 武田氏は広島支局やソウル特派員を歴任した、典型的な朝日のリベラル記者。対する佐藤氏はワシントン特派員を務め、外交・安全保障の専門記者として、朝日新聞の中では「現実に即した安全保障論を展開する記者」として知られる。武田氏としては、朝日新聞紙面に「広島ビジョン」を評価する内容が出たのが気に入らなかったようだ。

 もちろん、佐藤氏も朝日新聞読者に配慮して「西側の核抑止力維持の重要性にも触れ、核軍縮に「条件」をつけた上で「G7が核兵器のない世界実現への決意や道筋を示したとは言い難い」とも書くなど、苦労した記述がある。

 武田氏は現在、地方支局のデスクだが、人権問題では有名な記者である。というのも武田氏は、東アジア平和・人権活動家で元立命館大学特任教授の徐勝(ソ・スン)氏が「一番弟子」と呼ぶほどかわいがっていた人物だからだ。徐勝氏は韓国で政治犯として19年間投獄された後、平和・人権運動に取り組んできたが、一方で韓国の当局は「北朝鮮のスパイ」と認定していた。

 武田氏のツイートに、メディア批判を展開する中東専門家の飯山陽氏は「(広島ビジョンを)腐したり、ゼレンスキー来日のせいでG7は失敗だと批判したり、とにかく広島サミットとその成果が悔しくて悔しくて仕方ないらしい」と反応。言論プラットフォーム「アゴラ研究所」の池田信夫所長も「朝日新聞は、アメリカが核抑止力を否定して一方的に核軍縮しないと『核廃絶への道筋』は示せないという社論なのか。プーチンは、そんな善意が期待できる相手だと思ってるの?」と批判した。

 池田氏はさらに、岸田文雄首相の記者会見の後、「逃げるんですか」と核軍縮について質問した元朝日新聞記者についても「こんな中身のない質問なら、そのまま逃げた方がよかった。朝日新聞記者の頭は、やめたやつも70年間進歩してない」とコキ下ろしている。

 とんだ場外乱闘のゆくえや、いかに──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)