スポーツ

9回二死走者なしからまさかの大逆転負けで見たヤクルト高津監督の「本性」

 セ・リーグ2連覇の王者、ヤクルトが苦しんでいる。5月24日の阪神戦で、9回二死走者なしから、まさかの大逆転負け。首位阪神に10ゲーム差をつけられる状況だ。

 5月16日の巨人戦から1分けを挟んで、この日の敗戦で6連敗。しかも、勝利目前で白星を逃した。代走で途中出場し、そのまま右翼を守った並木秀尊が、ノイジーの打球を後逸。佐藤輝明の逆転打を呼び込んでしまったのだ。高津臣吾監督は試合後に、

「なんて言ったらいいのか。せめて体に当てるとか、なんとかしてほしかった」

 と、イライラを爆発させた。 スポーツ紙デスクが言う。

「照明が目に入って、ボールを見失ってしまった格好です。ただ、本拠地球場だから、ある程度は準備しておかないと」

 一方で、高津監督については、球団OBが「本性が出始めたね」と笑うのだ。どういうことかといえば、

「2年連続優勝監督と、すっかり『いい人』キャラクターが定着したけど、元来は気性が荒くて短気な性格。以前、阪神の矢野燿大前監督と罵声の応酬をしたことがあったけど、あれが素に近い姿なんだから。今回はよほど悔しかったんだろうけど、まだまだ焦る時期ではないから、落ち着いて采配してほしいよね」

 思わぬ形で「真の姿」が垣間見えた一戦でもあった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
5
「中距離バッターなんてありえない」名将・野村克也が説いた古田敦也への教え