スポーツ

錦織圭を支える「勝利の哲学」と「あげまん説」

 全米オープンで、見事テニス四大タイトル準優勝の偉業を日本人で初めて成し遂げた錦織圭。全米オープンで、みごとテニスの四大タイトルの準優勝を日本人で初めて飾った錦織圭。本人の実力もさることながら、テニス界の金字塔を打ち立てた裏には、二人の功労者の存在が大きかったいう。

「錦織の快挙の要因は、なんといっても昨年コーチに就任したマイケル・チャンにあります。同じアジア系として、全仏オープンを17歳で制した実力は、肉体面はもちろんの事、メンタル面で大きく貢献しています。日本人選手はふとした時に負けるかもしれないと弱気になる。チャンは、ある意味、謙虚すぎる錦織選手に、コートの中では相手が誰であっても関係ない、勝つ事に集中しろと口を酸っぱくして言っていました。つまり、勝つ気持ちでいかないと勝てないという『勝利の哲学』を教えたんです」(スポーツ記者)

 結果は、準優勝に終わったが、そのほうが良かったという声もチラホラある。

「テニスは、ヨーロッパの国技。いきなり日本人の錦織選手が優勝したら叩かれる可能性が高い。徐々に人気を挙げて優勝した方が認められやすいんです」(テレビ局関係者)

 相撲界における外国人力士の事を考えると、さもありなんである。さらに、

「もう一人功労者を挙げるなら、文句なしに現在交際中の坪井保菜美さんです。新体操団体競技日本代表として、北京オリンピックに出場した彼女は、運動生理学や栄養学を学んでおり、ツアーにも献身的に同行しています。彼女と交際するようになってメキメキ頭角を現してきたと言っても過言ではありません。早くも、“あげまん説”が囁かれています」(女性誌記者)

 二人の後ろ盾を得て、いよいよ来年は四大タイトルを手に入れる日が訪れるのか!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手をみろ」の全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘話
2
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!