芸能

芸能美女たちの“ピンク過去”を総力発掘!「スキャンダル編」(1)夏目三久はゴム事件からV字回復

20140925n

 たった一枚の写真がきっかけで、姿を消したタレントたち。スキャンダルこそ、芸能人にとって芸能生活を絶たれかねないアキレス腱だ。下半身スキャンダルにまみれたタレントたちの悲劇を追ってみよう。

 現在は、フリーキャスターのトップをひた走る夏目三久(30)。だが、振り返れば、09年7月、写真週刊誌「FLASH」に恋人との親密な関係を匂わせるあの写真を掲載され、「おもいっきりDON!」などのレギュラーを降板、11年には日本テレビ退社の憂き目を味わった。

「『サガミオリジナル』と書かれたコンドームのパッケージを持ってニッコリほほえむ姿に、清純派アナの生々しいプライベートがかいま見えました。他にも2人がベッドで抱き合う写真まで掲載され、エースアナのメンツは丸潰れ。局の上層部が大激怒してしまった」(日テレ局員)

 だがその後、バラエティなどに進出した夏目は、今やTBSの朝の顔に。みごとV字回復を果たした。

 一方、AKB48を卒業したばかりの前田敦子(23)の“泥酔パンツまる出し事件”がスクープされたのは、12年9月のこと。

 深夜12時頃、麻布十番の芸能界御用達「高級カラオケカフェ」のVIPルームで仲のいい大島優子や佐藤健、イケメンモデルたちとテキーラを30杯以上も飲み、泥酔した前田を佐藤健がお姫様だっこ。その時、前田のドレスアップしたスカートからよれたパンツがまる見えになっていたというもの。ファンには見せないプライベートの乱れっぷりに、佐藤との仲も取りざたされたが、今は歌舞伎役者との交際が順調のようだ。

 86年10月に突然降って湧いたのが、あの山口百恵(55)の上半身ヌード写真の流出だった。写真誌「フォーカス」に掲載され、篠山紀信氏が写真を現像した会社を訴える事態に。

「86年当時から10年ほど前に撮影されたとされる百恵ちゃんのヌードは、彼女の物憂い表情もさることながら、小ぶりながらバストトップが美しく、たまらなくセクシーだった」(ベテラン記者)

 百恵本人が若い頃の思い出に撮影したものが、アクシデントで流出した珍しいケースだった。

 デビュー当時、国立大学出身の才媛グラドルとして注目された眞鍋かをり(34)のイメージを一変させたのが、ニャンニャン写真の流出だった。グラドルからマルチタレントに転身した03年に突如、写真週刊誌に高校時代から5年越しで交際していた男性とのベッド写真が掲載されたのだ。

「目伏せがされた男性とはすでに破局していただけに、『眞鍋とヨリを戻したくて持ち込まれた』との憶測も飛び交ったが、あまりにも不可解な流出でした」(芸能関係者)

 元SDN48の芹那(29)が「フライデー」に熱愛報道されたのは、13年6月。当時、恋人と噂された小池徹平の高級マンションを訪れた帰りに、しゃがみ込んで自宅の鍵を必死に探しているところを撮影されたのだ。ストッキングの上からも薄いブルーのTバックがクッキリ。勝負パンティなのは一目瞭然だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?