芸能

江角マキコ 四面楚歌の今こそ「ピンチをチャンスに!」の声

20140918esumi_3

 元マネジャーに、子供同士が同じ学校に通う同級生である長嶋一茂の自宅に落書きさせた、と報じられた江角マキコ。江角は「心療内科で治療中の」元マネジャーが勝手にやったとブログで釈明した。が、逆に元マネジャーの個人情報をバラすような形で責任の所在をウヤムヤにしようとしたともとられ、よけいにイメージが悪くなり、仕事も激減する気配で……。

 ついには、9歳の長女を転校させる事態にも発展しているという江角。しかし、そんな今だからこそ「ピンチをチャンスに変えるべき」との声が上がり始めた。

「これを機会に女優としての演技の幅を広げるべきです」

 と話すのは、さる放送作家だ。彼が続ける。

「江角がブレイクしたのは、上司に物怖じせず、ズバズバ意見を言い行動に移し世のOLたちの共感を呼んだ『ショムニ』(98年、フジテレビ系)での演技によってでしょう。その後のバラエティ番組への起用もそうしたイメージが女性に支持されたことが大きい。しかし、今回のスキャンダルでそのイメージは大きく損なわれてしまった。だから、これを機に、悪女や汚れ役にバンバンチャレンジして行くのも女優の道ではないかと思うんです」

 江角のテレビにおける汚れ役といっても、すぐには思い浮かばないが、テレビ誌記者が「ダーティ江角」の魅力が満載されていた伝説のドラマを明かす。

「99年に放送された『独身生活』(TBS系)ですよ。江角は大手銀行のエリート独身行員役で、周囲のさまざまな重圧がもとで、しだいに精神の安定を欠いていく。そして、いつしかデートクラブ嬢となり、そこに集まる疲れた中間管理職のビジネスマンの客たちと体を重ねていくという物語です。いわば癒し系デート嬢のような衝撃的な役だった」

 この物語は97年に実際に起きた、昼はエリート女性管理職、夜は売春行為をしていた女性が殺害された事件の影響が感じられる内容だった。

「事件の被害者は当時39歳でしたが、『独身生活』に主演していた江角は30代前半。年齢の違いはドラマだから当然としても、江角は演技もぎこちなく、色っぽさももう一つだった。しかし、アラフィフに差し掛かっている今の江角が、こうした激しく裏表のある役をやってくれれば、熟女系のアダルト産業が全盛でもある今、ハマると思うんですけどねぇ」

 心機一転、新たな魅力を発揮してくれないものか……。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!