芸能

江角マキコ 四面楚歌の今こそ「ピンチをチャンスに!」の声

20140918esumi_3

 元マネジャーに、子供同士が同じ学校に通う同級生である長嶋一茂の自宅に落書きさせた、と報じられた江角マキコ。江角は「心療内科で治療中の」元マネジャーが勝手にやったとブログで釈明した。が、逆に元マネジャーの個人情報をバラすような形で責任の所在をウヤムヤにしようとしたともとられ、よけいにイメージが悪くなり、仕事も激減する気配で……。

 ついには、9歳の長女を転校させる事態にも発展しているという江角。しかし、そんな今だからこそ「ピンチをチャンスに変えるべき」との声が上がり始めた。

「これを機会に女優としての演技の幅を広げるべきです」

 と話すのは、さる放送作家だ。彼が続ける。

「江角がブレイクしたのは、上司に物怖じせず、ズバズバ意見を言い行動に移し世のOLたちの共感を呼んだ『ショムニ』(98年、フジテレビ系)での演技によってでしょう。その後のバラエティ番組への起用もそうしたイメージが女性に支持されたことが大きい。しかし、今回のスキャンダルでそのイメージは大きく損なわれてしまった。だから、これを機に、悪女や汚れ役にバンバンチャレンジして行くのも女優の道ではないかと思うんです」

 江角のテレビにおける汚れ役といっても、すぐには思い浮かばないが、テレビ誌記者が「ダーティ江角」の魅力が満載されていた伝説のドラマを明かす。

「99年に放送された『独身生活』(TBS系)ですよ。江角は大手銀行のエリート独身行員役で、周囲のさまざまな重圧がもとで、しだいに精神の安定を欠いていく。そして、いつしかデートクラブ嬢となり、そこに集まる疲れた中間管理職のビジネスマンの客たちと体を重ねていくという物語です。いわば癒し系デート嬢のような衝撃的な役だった」

 この物語は97年に実際に起きた、昼はエリート女性管理職、夜は売春行為をしていた女性が殺害された事件の影響が感じられる内容だった。

「事件の被害者は当時39歳でしたが、『独身生活』に主演していた江角は30代前半。年齢の違いはドラマだから当然としても、江角は演技もぎこちなく、色っぽさももう一つだった。しかし、アラフィフに差し掛かっている今の江角が、こうした激しく裏表のある役をやってくれれば、熟女系のアダルト産業が全盛でもある今、ハマると思うんですけどねぇ」

 心機一転、新たな魅力を発揮してくれないものか……。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ザキヤマも唖然!?「ロンハー」が内村光良のタブーに触れるアクシデント!
2
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!
3
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
蛭子能収不在の旅番組がいよいよ放送!太川陽介の「ガチギレ」飛び出す!?