芸能

上岡龍太郎「誰も知らないオキテ破り伝説」騒動編(1)回りながら漫才できるか!

 上方お笑い界の巨星堕つ! 「探偵!ナイトスクープ」など名物バラエティー番組の司会者として活躍した上岡龍太郎が5月にひっそり逝去した。立て板に水のごとき滑舌トーク、歯に衣着せぬ猛毒口撃、火花散る武勇伝は数知れず‥‥。異例の早期引退後も語り継がれる常識破り伝説で不世出の大物芸人の「謎」に迫る!

「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流」をみずからのキャッチフレーズとした故・上岡龍太郎。だが、滑らかな語り口から徐々にヒートアップ、しまいには空也上人の念仏吐きのごとく詭弁を畳みかける弁舌は芸能界でもピカ一の切れ味だった。

 アサ芸では知られざる秘話を総力発掘。上岡伝説のすべてを今こそ開陳しよう!

 上岡は高校卒業後、横山ノックに誘われ、60年に「漫画トリオ」として芸能活動を開始。当時を知る業界関係者が語る。

「ある演芸番組で、360度のコロシアムのようなセットにお客さんが入り、演者が少しずつ回りながら、漫才を披露するという企画があった。ところが、上岡さんは、『フリの時のお客さんと、オチを言う時のお客さんが違うのはおかしい』と大激怒。『回りながら漫才なんかできるか!』と怒り狂った。ノックさんが『そら、そうや』と肩を持ち、なんとかその場を収めたんです。当時はいくら人気者でも、テレビ局に歯向かう芸人なんて、上岡さんぐらいしかいなかった」

 一本気な性格は昔から変わらないまんまだった。

「パンパカパーン、今週のハイライト」と始まる時事コントで一世を風靡した「漫画トリオ」だが、68年の参院選にノックが出馬し、窮地に追い込まれる。

 芸能デスクが述懐する。

「トリオ時代の上岡さんは、横山パンチを名乗っていたが、活動休止後は“井伊パンチ”という芸名がつけられた。名付け親は上方芸能界のドン、演芸作家の香川登志緒、あのダウンタウンでさえも、『香川先生』と呼ぶほどの重鎮です」

 ところが、上岡は、

「こんなふざけた名前だと、ずっとギャグばかりを言う芸人人生になる。年齢を重ねたらマジメなコメンテーターの仕事ができない」

 と、大御所相手に大反抗。結局、香川の担当番組だけは井伊パンチ、他は、上岡龍太郎の名前で活動することで収まったという。

「後年、上岡さんは『あの時期がほんとに嫌だった。香川登志緒のせいで、気に入らん名前で仕事をせなあかんのは辛いもんやで』と語っていたそうです」(業界関係者)

「長いものには巻かれるな」をモットーとする上岡ならではの若き日の武勇伝だろう。

 しかし、トリオを捨てピン芸人となった上岡はゼロからのスタートを余儀なくされる。

「漫談家として舞台でルービックキューブをやりながら最後のオチを言った後に『はい、全面を完成させました』という気取った芸をやったり、レポーターで野外ロケをやったり、作詞家をやったりと精力的に活動していた。中でも、芸人としては珍しく、自身の経歴や特技、魅力などを一冊にまとめた『上岡龍太郎のすべて』というパンフレットを作成し、各局のテレビ局員や制作スタッフなどに手配りし、みずからを売り込んだのです」(芸能デスク)

 撒けば海路の日和あり!その努力の甲斐あって、その後、名司会者としての道を獲得したのであった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化