政治

プリゴジン「反乱⇒即撤退」に「プーチンと組んだ猿芝居」説が飛び交う理由

 いったい何の騒動だったのか。プーチン大統領のシンパで「ロシアの狂犬」と言われる民間軍事会社・ワグネルのエフゲニー・プリゴジン氏の「反乱」は、三日天下どころか一日の遠吠えで終わった。

 公安関係者が説明する。

「ご承知の通り、ワグネルは対ウクライナ戦線の最前線で戦い、多くの犠牲を払いながらも一時劣勢に立たされていたロシアの勢いを盛り返したヒーロー的な存在。そしてプーチン氏とはツーカーだけに、プリゴジン氏は言いたい放題の状態です。特に対ウクライナ戦では国軍と対立し、ショイグ国防相やゲラシモフ軍参謀総長らを猛烈に批判してきた。ショイグ氏はワグネルが7月1日までに国防軍傘下に入るよう求めていたが、プリゴジン氏が拒絶し、対立がエスカレートしていたんです」

 こうした流れの中、ワグネルの反乱が始まったわけだが、プーチン氏は「プリゴジンは反逆者」「抹殺せよ」と強い演説に打ってでた。するとロシア隣国のベラルーシのルカシェンコ大統領がプリゴジン氏の説得にあたり、プリゴジン氏はモスクワへの進軍を止め撤退を開始した。裏で何が起きていたのか情報が錯綜しているが、前出の公安関係者によれば、主に以下のような説が飛び交っているという。

「プリゴジンの背後には、欧米CIAやイギリス諜報部隊M16、同特殊部隊SASもいる。欧米とのタッグでプーチン氏、ショイグ氏らを潰しに打って出たが、最後はプリゴジン氏が弱気になり腰砕けとなった」

「プリゴジン氏は一時的に国軍執行部に頭に来て反乱を起こしたが、冷静になるとどうあっても国軍に勝てないと悟り撤退した」

 さらに、公安関係者は「最初から反乱などない。プーチン氏とプリゴジン氏が示し合わせて演じた猿芝居なのでは」として、こんな説を唱える。

「プーチン氏はいま、ウクライナの反転攻勢で苦しんでいる。さらに1年にわたる侵攻でロシア国民内でも不満が溜まりつつある。そして来年はロシア大統領選。そこで負けるわけにはいかないプーチン氏が『突然起きた反乱をたった1日で鎮圧した』となれば、再び国民の人気が高まる。なんだかんだ言って旧知の仲であるプリゴジン氏と協力し、今回の猿芝居に打って出たのでは」

 ただ、ロシアの一部メディアなどではプーチン氏がプリゴジン氏の殺害指令を出したとも報じられており、どの情報が本物か混沌としている。いずれにせよ、プリゴジン氏の動向が今後のウクライナ紛争、ロシア情勢の大きなポイントになるのは間違いない。

(田村建光)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」