スポーツ

ペルー戦快勝でもW杯から成長していなかった森保監督の「誤算」部分

 韓国を1-0で破って日本に乗り込んできたペルー代表を4-1で粉砕。

 日本代表の6月シリーズ2連戦。1戦目のエルサルバドル戦では、開始3分で相手に退場者が出て、とても強化とは言えない試合になってしまった。それだけにペルー戦は大事な一戦となった。

 もちろん、ペルーは長時間の移動と時差があり、韓国から日本へ移動してきた。日本は2試合とも相手を待ち受ける完全なホームアドバンテージがあった。それでもFIFAランキング(日本20位、ペルー21位)の変わらない相手にホームゲームとはいえ、4-1の快勝は素晴らしい結果だ。

 日本代表の武器である左右の槍、三笘薫、伊東純也の突破から何度もチャンスを作り、インサイドセンターの鎌田大地は落ち着いたプレーで攻撃の起点となっていた。そして新キャプテンの遠藤航も相変わらず、球際の激しさで相手の攻撃の芽を摘んでいた。W杯組のプレーはさらに磨きがかかったように見えた。

 ただ、新生・森保ジャパンが目指す「相手を押し込んで攻める時間を増やす」という課題はどうだったのか。ほとんどの攻撃がカウンターで、三笘と伊東を走らせていた。それはW杯と変わらない。対戦相手の出方によって臨機応変に対応することは大事だが、ペルーのレベルやホームでの試合を考えれば、もっと押し込んでゲームを支配する時間があっても良かったのではないか。そこは反省する部分である。

 また、この試合で注目されたのが、代表復帰を果たし先発したセルティックの2人、古橋亨梧と旗手怜央だ。

 古橋は前半13分に伊東のクロスを頭で合わせたが、シュートは左にそれた。その後もゴール目で何度も動き直しをしながらチャンスを待ったが、シュートはこの1本で終わった。結局、他のFWと違いを見せるほどの結果は出せなかった。W杯ともなれば、チャンスはそれほど多くはない。だからこそ、あのヘディングシュートは決めて欲しかった。

 ワントップのポジションは、日本代表で一番層が薄いポジションで、ここ数年間で絶対的なレギュラーはいない。古橋のほかにも上田綺世、前田大然、浅野拓磨と候補はいるが、他を圧倒するような結果を出していない。

 今夏には湘南の町野修斗、横浜FCの小川航基が欧州に移籍するようだ。これからは欧州を舞台にアピール合戦が始まる。誰かが抜け出さないと日本の弱点になる。

 旗手は2戦連続で先発出場。エルサルバドル戦ほど目立たなかったが、攻守のつなぎ役や周りを生かすプレーで中盤を支えていた。

 今回の日本代表のシステムは4-1-4-1(4-3-3)で、中盤は逆三角形でワンボランチの前にインサイドセンターを2枚置く。インサイドセンターのポジションがあれば旗手は生きる。W杯での日本代表のシステムは4-2-3-1でスタートし、後半に入り3-4-2-1に変えていた。このシステムは2枚のボランチを置くため旗手を使うポジションがなかった。今回のような使い方なら今後も代表に招集されるチャンスは増えるだろう。

 しかし、このポジションはワントップと違って選手層が厚い。激しいポジション争いに勝つ必要があるが、果たして旗手は生き残れるだろうか。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題