スポーツ

エンゼルス・大谷翔平「メジャー三冠王」への道(3)打撃フォームの改造に成功した

 松永氏は、大谷が今後も好調を維持できるかどうかは、日常生活をどう過ごすかにかかっている、と言う。

「食事や睡眠の管理で、試合でやれることは変わってきます。大谷も渡米後、明らかに体がサイズアップしましたよね? 考えて行動することで自分の体が変わっていくのが楽しいと感じているはず」

 大谷の野球に対するストイックさはよく知られるところで、松永氏は「それこそが大谷のいちばんのストロングポイント」と断言してこう続ける。

「私の時代は『試合後は浴びるように酒を飲むもんだ』と先輩方に教わりましたから、大谷ほどストイックにはなれませんでした(苦笑)。彼は酒も飲まないし、街にも出ない。すべてを野球に捧げています。昨日できなかったことが次の日できるようになるために、好きなものを食べたい、遊びたい、という気持ちを消すのは当たり前。苦痛に感じることもなく、極めて普通のこととして認識している。だからこそ、プレーで世界中を沸かせることができるのだと思います」

 常に最善に向かって努力を止めない。そんな姿勢を象徴するように、今季開幕後、大谷はバッティングフォームを少し改造していた。従来よりも腰の位置を若干落とし、より全身のパワーがバットに伝わりやすくなったという。

「改良前と改良後を比較すると、17打席に1本だった本塁打が9打席に1本出るようになりました。本塁打量産の陰には、こうした日々の進化があります」(友成氏)

 もはや三冠王は目の前か!?と思いたくもなるが懸念材料もなくはない。松永氏は、次のように指摘する。

「本人の投球もスイーパーが5割を占めるように、今のメジャーは投手がストレートを見せ球に変化球でしとめる野球が主流です。大谷のバッティングもそれに対応して、変化球をどう打つか、というスタイル。だから実はストレートには差し込まれることも多く、あまり打てていないんです。投球のトレンドがガラッと一変するとは思えないので、そこまで心配はしていないのですが‥‥」

 一方で友成氏は、大谷がいまだ克服していない「弱点」を挙げる。

「MVPを獲った21年も、そして昨季も後半戦で本塁打数が減ったり、投手としての登板をなくしたりと、明らかに成績を落としています。特に今年は開幕直前にWBCもあり、例年より調整が早まっている。そこに不安は残りますね」

 いずれにせよ、今後も大谷から目が離せないことは間違いないが、3度の三冠王を獲得した落合博満氏は、異国の地で戦う若き天才にこんなエールを送っている。

「(日本人初のMLB3年連続20本塁打は)あれだけの才能があれば、やって当然。(三冠王も)可能性あると思うよ」(YouTube「落合博満のオレ流チャンネル」より)

 これまでも数々の常識を覆してきた大谷だけに、二刀流でのメジャー三冠王を期待しようではないか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」