政治

「仁義なき戦い 大阪・兵庫死闘編」に突入した「公明党VS日本維新の会」不信渦巻く殴り合い

 最近の公明党といえば、2021年の衆院選で広島3区から自民党候補を押しのけて、斉藤鉄夫国交相を擁立したかと思えば、次期衆院選では東京選挙区で連立を組む自民党の候補を推さないと宣言するなど、映画「仁義なき戦い」ばりの抗争を繰り広げている。その公明党に、正面から殴り合いを吹っ掛けたのが、日本維新の会だ。

 というのも、公明党の現職がいる関西6小選挙区での、候補擁立を決めたからだ。維新の共同代表である吉村洋文大阪府知事が「公明党とも正面からぶつかっていくことが重要」と宣戦布告すれば、公明党側も「ナメるなよ」(兵庫県本部幹部が朝日新聞に対し)とガチンコ応戦。「仁義なき戦い、大阪・兵庫死闘編」が始まろうとしている。

 維新はこれまで、大阪都構想実現には公明党の協力が必要だとして、大阪の4選挙区、兵庫の2選挙区の6つ小選挙区で、候補者擁立を見送ってきた。ただ、維新内にはかねてから「公明党は大阪都構想に協力するフリをしているだけ」(府議の一人)と、根深い不信感があった。

 4月の統一地方選では、大阪府知事選、大阪市長選の勝利に加え、大阪府議会、大阪市議会で過半数を獲得したことで、公明党の協力なしでも安定した府政、市政を運営することができるようになった。そこで直ちに馬場伸幸代表は、公明党との関係の「リセット」を宣言し、今回の候補者擁立決定となったわけである。

 維新前代表の松井一郎前大阪市長が「公明党は強いよ」とツイートするなど、公明党との戦いが容易ではないことは、維新側も重々承知している。とりわけ尼崎市を選挙区とする兵庫8区は、冬柴鉄三元幹事長時代から公明党が議席を死守してきた、全国でも最も公明党が強い選挙区。

 公明党内では維新の候補者擁立決定を受けて、与党内でケンカをしている余裕はないとして、戦線を関西に集中しようとする動きも出ている。公明党の支持母体である創価学会は特に関西に強く、「常勝関西」と言われてきた。それだけに、維新、公明両党ともに「絶対に負けられない戦い」となるのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」