政治

風評被害を助長!公明党・山口代表「海水浴シーズンの原発処理水放出はやめろ」デタラメ放言の大波紋

 今夏から福島第1原発で予定されている汚染処理水の海洋放出について、公明党の山口那津男代表が7月2日にブチ上げた発言が波紋を広げている。

 この日、遊説先の福島市内で報道陣の囲み取材に応じた山口代表は、海洋放出を巡る政府の方針に対して、こう注文をつけてみせたのだ。

「風評(被害)を招かないということが大事であり、客観的な説明を浸透させていくことが重要だ。(海洋放出については)直近に迫った海水浴シーズンは避けた方がいいのではないか。いたずらに不安を招かないよう、配慮することはあってしかるべきだ」

 実はこれに先立つ街頭演説でも、山口代表は次のように力説していた。

「科学的根拠に基づいて、安全かどうか確かめることが大事だ」

 海水浴シーズンは避けた方がいい──。このセンセーショナルな発言を巡っては、霞が関や永田町の関係者から早速、SNS上で実名による批判の声が上がった。

「処理水放出による海水浴への悪影響は全く考えられず、いつ放出しても、何ら心配はない。恥ずべき話だ」(経産省出身で政策アナリストの石川和男氏)

「このような発言が風評被害を生み出す。政府の方針を理解していないのか」(日本維新の会・柳ヶ瀬裕文総務会長)

「山口さんの発言が風評被害って事ですね」(前大阪市長・松井一郎氏)

 全国紙社会部記者も、次のように指摘する。

「山口代表の発言は『処理水を放出すれば海水浴ができないほどの汚染レベルに達する』と言っているに等しい。ならば処理水の海洋放出もできないという話になってくるが、山口代表はそのことには言及せずに、態度を留保している。政治家として極めて無責任な発言であり、それこそ『風評被害をいたずらに助長した』と言われても仕方ないでしょう」

 与党の一角を担う公党のトップとして、なんともデタラメな物言いなのである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」