芸能

芸人・ギブ↑(アップ)大久保に直撃「芸歴35年で一度も売れたことがなく占い師に転身」

 さるベテラン芸人曰く「芸人を一生続けてたら、誰でも一度ぐらいは賞を取ったり、多少のブレイクはしたりするもん」なのだそうだ。ところが、還暦を目前にして、そのたった一度すら売れたことがない芸人がいるという。ついには占い師に弟子入りもした、内藤大助似のピン芸人・ギブ↑(アップ)大久保(58)を直撃した。

ーそもそも現在の芸名は、「ギブ大久保」から運を上げようとしての改名だったが、「ギブアップ」とはまるで芸人を「あきらめた」かのようだが‥‥。

大久保 いや、あくまで「ギブ↑大久保」と書いて「ギブ上がる大久保」だったんです。ところが長年付き合いのある後輩芸人から「『ギブアップ』がいい」と言われて。確かにその読み方にしてから、心なしか仕事が多少は増えた気がしますね。

ーそれでも収入面の大苦戦を聞いている。「一緒にいて財布を開くのを見たことがない」と言った芸人も。

大久保 出そうと思うと出してもらったりで‥‥。もちろん、後輩がいたら出しますよ。でも、これまで様々なバイト収入を足しても月収が20万円以上だったことが一度もないですから。

ー平成元年デビューの芸歴35年。その間には、日の目を見るチャンスもチラホラあったとか。

大久保 役者志望から芸人にシフトして、(当時、芸人育成を強化していた)ホリプロの「お笑い勉強会」に行ったら、ドキュメント番組のカメラが入っていた。そこで爆笑問題、Z-BEAM(2組ともすぐ売れっ子になっている)とともにピン芸人では唯一僕が密着されたんです。東京では深夜2時でしたが、関西ではゴールデンで放送されました。「これは」と、ちょっと勘違いしちゃいましたね。

ー結果は言わずもがなで。

大久保 ですね(笑)。

ーその後は大手や新興問わず様々な事務所を渡り歩き、ピン芸人だけでなくコンビやトリオでも活動。ボキャブラブームに乗るわけでもなかったが、苦節20年。08年にWBC世界フライ級王者・内藤大助の台頭で思わぬチャンスが到来、そっくり芸人としてテレビからオファーが来た。

大久保 これはいけると思いました。まずフジテレビの番組に出演して、「次回もあるよ」と好評で終わった。そして、すぐに日本テレビからもオファーが来て出たんです。ところが、当時は両局のものまね番組をハシゴしてはいけないという規制があったようで‥‥。タブーを犯したことで、呼ばれなくなりました。

ーそのブレイク目前だったものまねだが、顔が似ているだけで一切しゃべりがない出オチだったとも。

大久保 そうですね。プロレスラー・大谷晋二郎さんのものまねもそうです。

ー内藤似ということであれば、今ならメジャーから日本ハムへの逆輸入ルーキー・加藤豪将も成立する。

大久保(スマホで調べて)これは似てますね。あと日本維新の会の小野たいすけもいけると思ってます。

ーでも全員、出オチ?

大久保 そうですね。

ー10年ほど前からは、占い師に弟子入りもした。

大久保 46歳の時に、占い師を目指しました。どうせ行くならすごいところ、と原宿の母の弟子になった。

ー兄弟子にあたる、島田秀平がその道でバカ売れしていたことも影響した?

大久保 それもありましたが、僕が39の時に68で亡くなった母が占い好きだった。そのせいで子供の頃から占いと縁があったんです。修業後、知り合いの社長のはからいで客を取って占いをしていたら、師匠から「お店に出なよ」と。テレビ企画で有名芸能人をタロットで占ったこともあります。食っていけるかと思いましたが、店では3カ月しか続きませんでした。

ー並行して芸人は続けていても、とにかく収入を確保しなければならない。

大久保 今のバイトは芸人つながりのバーのみ。そこでお客さんを占うと、500円のチップをいただける。それを貯金箱に入れて、何かあった時に役立てています。コロナ禍の時は助かった。

ー芸人として、還暦までに売れることはまだあきらめていない?

大久保 今は音楽イベントで「昭和の感覚が抜けない」という自虐ネタを披露しています。でも、一番成功したいのは占いですよ。それでも、師匠が占い師への転身は許さず「両方やりなさい」と言うもんで。いずれにせよ、占っても自分の将来だけは見えてこないんですよね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒