社会

「天皇と朝日新聞」因縁確執51年の全内幕とは?(1)最後の呼吸をしていると報道

 大きな話題を呼んでいる「昭和天皇実録」。ガンが死に至る病であった時代、最後まで本人に「告知」をしなかった周囲の姿も記録されているが、あらためてわかったのは朝日新聞による病名報道の重さだ。それは雅子妃殿下への「懐妊の兆候報道」へと続く。背後には、「朝日新聞社」と宮内庁との間に起こった51年前の“ある事件”があったという。

 1989年1月7日午前6時33分、「昭和」という時代が静かに幕を閉じた──伏せられていた昭和天皇の病状は、その後の記者会見で宮内庁長官が明らかにした。

「十二指腸乳頭周囲腫瘍(腺がん)」

 24年5カ月に及ぶ編集作業を経て、今年8月に完成した「昭和天皇実録」。そこには、晩年の昭和天皇が体調を崩される様子が記されている。

 異変は87年4月29日、86歳の天皇誕生日に起こる。昭和天皇は祝宴の終盤で気分が悪くなり嘔吐する。その後も食欲不振や消化器の不快を訴えられた。

 9月13日の検査で、十二指腸末端から小腸にかけての通過障害が発見される。そして22日には歴代天皇として初めて手術を受けられることに。

 戦前は「現人神」とされていた天皇の体に初めてメスが入る──実録は、そんな歴史的な手術後の様子をこう伝えている。

〈手術は無事終了する。御病室に戻られ麻酔からお目覚めになると、大相撲九月場所のテレビ観戦を希望される〉

 しかし、のちの検査で昭和天皇の体から、深刻な病変が見つかったのだ。

〈後日、手術中に切除された膵臓(すいぞう)の組織の一部を病理検査した結果、原発部位は不明ながら悪性腫瘍と診断される。ただし、この結果については、天皇には告知されなかった〉

「皇室論」(青林堂)の著書もある神道学者・高森明勅氏が解説する。

「当時、ガンは絶望的な死の病であるという社会的コンセンサスがあり、告知はとても重いものでした。家族が医師とも慎重に相談をして、告知はしないということを選ぶことが多かった。現代のガンを取り巻く環境とは違う。今の天皇陛下は前立腺ガンをみずから公にされましたけど、そういう感覚で捉えられるとズレが生じます」

 術後に開かれた会見で、宮内庁はこう発表する。

「ガン組織は認められない。慢性膵炎と考えられる」

 実録からは、昭和天皇に病名を伝えまいとする周囲の悲愴な覚悟も読み取れる。

〈陛下御自身には癌であることを完全に秘して、何分御高齢と御体力よりみて、積極的な治療を避けて、出来る限りの御長寿を全うして頂くことに全力を尽くし、特に御苦痛が全くなきよう(中略)充分留意することに致しました〉

 昭和天皇が体調を崩される中、88年9月24日、朝日新聞は夕刊1面で、次のように報じたのだ。

〈天皇陛下ご重体〉

〈がん性腹膜炎の疑い〉

〈すい臓部に「がん」〉

 記事に「お気持を考え公表せず」とあることから、朝日新聞が、周囲の「ガン告知」に対する気遣いを確信的に台なしにしていたことがうかがえよう。

「『公人中の公人』であるお立場でありますけれども、このようなことが一方的な判断で全国民に知らしめられた。政治的スタンスはそれぞれメディアによって違いがあっていいし、各人各様であっていい。しかし、この報道はいやしくも人間としての当然の配慮、常識が欠落しているとしか思えません」(高森氏)

 問題なのは、記事にある次の一文である。

〈陛下はすでにあえぐような下顎〈かがく〉呼吸を始めている〉

 最後の呼吸と言われる「下顎呼吸」に怒りをあらわにしたのは当時、侍医長だった故高木顯氏だった。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」