スポーツ

西武・山川穂高「不起訴なら球団幹部と謝罪会見を開いてプレー復帰」という水面下の段取り

 事実上の謹慎となっている西武ライオンズ・山川穂高に、検察の判断が下されようとしている。5月23日に書類送検されてから、まもなく2カ月。球団は東京地検による起訴か不起訴かの判断を待っている状況だが、山川と被害女性の主張は激しく対立している。スポーツ紙デスクが言う。

「民事で示談交渉がまとまれば、すんなりと地検の判断が出るのですが…。山川の弁護士は、性的な行為を行ったことは認めているものの、『無理やりではない』と主張して争っています。女性側の弁護士は『同意はなかった』と譲らず、民事での示談交渉は暗礁に乗り上げています」

 そんな中、山川の処遇をめぐっては、復帰に向けた動きも出てきた。後藤高志オーナーは、都内で開催されたオーナー会議後に、

「反省し、しっかりした道を歩むことを期待している。チーム状況を見て『復帰させたら』という声もいただいた」

 と言及。警視庁は書類送検の際に起訴を求める「厳重処分」ではなく、判断を検察に委ねる「相当処分」の意見を付けていることから、不起訴になるのではないか、との観測が出ている。

「不起訴になった場合、本人と球団幹部が同席した会見を開いて、謝罪する段取りになっています。その上で、プレー再開に向けた準備を進めていくことになる。山川は現在、3軍の練習に参加して、トレーニングしています。室内で打撃練習を続け、感覚を保っています。ウェートトレーニングも欠かしていないので、体は絞れていますよ。不起訴なら、今季中に復帰することが十分考えられます」(球団関係者)

 山川にとっては、一筋の光が見えたということだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画