スポーツ

女子ゴルフ 恋愛問題が招く痛恨ミスショット3連発!(2)賞金女王・森田理香子はまるで別人に…

20141023v

 昨年の賞金女王、森田理香子(24)も、周囲をやきもきさせている。今年の森田は、3月のTポイントレディスで優勝したあとは、成績が伸び悩んでいる。昨季、国内ツアー4勝の実績がウソのようで、予選落ち5回と精彩を欠いているのだ(10月9日現在)。

 先の日本女子オープン開催中、写真誌「フライデー」が、スポーツトレーナー・安福一貴氏(38)との半同棲熱愛を報じた。その余波もあったのか、国内メジャー初制覇を期待されるも、50位スタートと大きく出遅れたのだった。ゴルフライターが不安の声を上げる。

「森田は『ゴルフしかない私ですが、恋愛させてもらってます。(結婚なんて)まだまだ考えてませんが、(今が)すごく楽しいです』とコメントするなど、14歳上のイケメントレーナーに夢中の様子でしたが、周囲は祝福ムードという感じじゃないんですよ。かつて『(岡本軍団の)秘蔵っ子? まあ、そうね』と、目を細めていた師匠の岡本綾子が、(日本女子オープンの)会場に来ていませんでしたからね。かなり怒っている様子で、森田の低迷ぶりについて質問した関係者に『聞いてないの? オトコよ』と、憮然とした対応だったそうです」

 2人は、昨年12月に知人の紹介で知り合い、今年2月に交際スタート。翌月にはトレーナーとして専属契約を結んでいる。だが、「どうもスッキリしない」と話すのは、LPGA関係者である。

「安福氏は昨年、NHKでスポーツなどを担当した一柳亜矢子アナ(33)と離婚したといいますが、時期がはっきりしない。森田と知り合った時期にしても、シーズンオフとなっていますが、その前から指導を受けていたこともあり、実は不倫略奪愛だった、とも‥‥」

 戦いのさなかに略奪愛騒動を起こした愛弟子に対し、師匠がカリカリするのもしかたあるまい。ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏がこう評する。

「昨年とはまるで別人で、女王のゴルフとは180度変わってしまった。技術的なことは師匠がしっかりと指導しているだけに、精神面でしょう。昨年と違い、勝負どころでの結果が伴わない。原因は私生活だと言っていいんじゃないでしょうか。本来、トレーナーがケアすべきなのに、準備がおろそかになっていて、集中力が足りません」

 賞金女王が輝きを取り戻す日はいつになるのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?