社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<不眠症>眠れない状態が続けばうつ病や高血圧の危険も!?

 夜中に何度も目が覚めてしまう。毎朝決まって早い時間に起きてしまう│これらの症状は「不眠症」かもしれない。

「不眠症」は、夜寝つけない、深夜に目が覚めてしまう状態が1カ月以上続き、日常生活に支障が出る場合を指す。実は、多くの中高年が不眠症に悩まされていると言われている。

 その一番の原因は「老化」だ。年齢と共に睡眠が浅くなってしまいがち。そんな「不眠症」とうまく付き合っていくためには、無理に寝ようとする必要はない。寝ないといけないと思い詰めることで、かえって覚醒してしまうからだ。寝つけない時には、いったん寝床を離れることもポイント。他にも、日中の活動量を増やしたり、昼寝を最低限にとどめたりすることで、生活にメリハリをつける方法も有効だ。

「不眠症」は加齢と共に現れる症状なので基本的には心配ないが、日中の活動に支障が出てきたら注意が必要だろう。

 実は、近年の研究で「不眠症」と糖尿病や高血圧などの生活習慣病との関係性について解明が進んでおり、不眠の影響でうつ病や高血圧になる可能性は2倍、糖尿病になる可能性は2〜3倍ほどに跳ね上がってしまうという指摘がある。「眠れないだけ」と不眠を我慢していると、次第に生活習慣病をはじめ他の病気のリスクが上昇する危険もあるので注意が必要だ。

 また、睡眠時無呼吸症候群という病気が隠れている可能性もある。これは、睡眠中に、喉の骨格筋が弛緩して空気の通り道である上気道が狭くなり、短時間、呼吸が止まる病気。眠りが浅くなるため著しい睡眠不足となるため昼間に強い眠気が起きる危険もある。

「たかが不眠」と侮らず、まずは内科を受診するようにしよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
AI予測「勝率10%」の絶望から大逆転した藤井聡太「普通ではない飛車」に解説者が思わず…
2
オリックス・山崎福也10勝到達の格安左腕は「FA移籍なら広島カープ」の裏事情
3
【サッカー日本代表】森保監督が神戸・大迫勇也の大一番を視察しないJリーグ関係者のボヤキ
4
阿部慎之助は「戦犯扱い筆頭」元木大介は原監督と「亀裂」ダメ巨人で始まるコーチ陣大粛清
5
高木豊が原監督に緊急提言!巨人に足りないのはリーダー「でも岡本和真ではなく…」