政治

「毒見」を担当する秘密のチームまで編成した「毒殺神経症」/暗殺が怖い!プーチン「異常行動」プロファイル(7)

 独裁者プーチンは「毒殺」による暗殺も極度に恐れている。

 本連載の第4回目(8月4日配信)では、外部による通信傍受に異様な警戒を示すプーチンのパラノイア状態を「電波系神経症」として炙り出した。同様に、毒殺に対する神経の尖らせ方は「毒殺神経症」とでも呼ぶべき異常さだ。

 その極端な警戒ぶりについて昨年、イギリスの大衆紙「サン」はこう報じた。

「暗殺を恐れて疑心暗鬼になっているプーチン大統領は、食べ物や飲み物の毒見を担当するチームを秘かに雇っている」

 言うまでもなく、秘密の毒見役チームを編成した理由は、毒殺を恐れてのことだ。プーチンの動静に詳しいロシア専門家も、次のような事実を暴露するのだ。

「毒殺に対するプーチンの警戒は、ウクライナへの侵攻が開始されて以降、さらに常軌を逸しています。最近のプーチンは、パーティーなどで出される飲み物も一切、口にすることはありません。その代わりに持ち歩いているのが、ロシアの紋章が入ったタンブラー。プーチンは専用のタンブラーに入っている飲み物しか摂取しないのです」

 これほどまでに警戒感を示すのも、そもそもプーチン自身が毒殺に手を染めてきたからだ。

 事実、KGB(旧ソ連国家保安委員会)の情報将校を務めていたアレクサンドル・リトビネンコ氏は2006年、亡命先のロンドンで、放射性物質のポロニウムによって毒殺されている。亡命後、リトビネンコ氏はプーチン政権批判を繰り広げていた人物で、プーチンの命によって毒殺されたと言われるのだ。

 また、ロシアの反体制派指導者として知られるアレクセイ・ナワリヌイ氏も2020年に、ノビチョク系の軍用神経剤による毒殺未遂事件に巻き込まれている。ナワリヌイ氏は奇跡的に一命を取りとめたが、犯行はプーチンの指示だったとされているのだ。

 その成れの果てが、専用のタンブラーまで持ち歩く、現在の毒殺神経症である。

 まさに自業自得の結果と言っていい。

(つづく)

カテゴリー: 政治   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」