スポーツ

【前代未聞】バッグを投げつけてブラインドを破壊!プロ野球史に残る「怒り心頭&大暴言」日本ハムの契約更改

 最近は下交渉や事前交渉、代理人交渉などもあり、オフに行われるプロ野球選手の契約更改交渉が、報道陣や関係者の前で大立ち回りとなるケースは少ない。だが、かつては選手たちの言動がスポーツ新聞の1面を飾り、スポーツニュースで大きく報道されたものである。

 その中で、球史に残る1日だと今も語り草になっているのが、1991年12月2日の日本ハムの契約更改交渉である。

 なんと、自らが持っていたセカンドバッグを、マウンド上での投球よりも力強く投げる選手がいたからだ。口火を切ったのは当時、トレンディー投手として人気の高かった西崎幸広だった。 西崎は入団以来、5年連続の2ケタ勝利をマークした実績を盾に、2000万円増以上の、最低8000万円を要求した。ところが球団から提示された金額は、わずか800万円アップの6800万円。これに西崎は、端正な顔をゆがめて激怒。

「だからプロ野球よりプロゴルフの方が夢がある、といわれる。こんなことなら来年は休む」

 怒りのあまりサボタージュ宣言をブチ上げた挙げ句、手にしていたセカンドバッグを力いっぱい、イスに叩きつけた。あまりの剣幕に、待ち受けていた報道陣からは「シーズン中にあのくらい力のこもった投球をしていれば、もっと成績がアップしたのに」と陰口が出るほどだった。

 だが、すさまじさでは、この日の大トリで契約更改交渉に臨んだ武田一浩が、さらに上をいく。数年間、守護神として実績を残していた武田は、5000万以上を要求。一方、提示されたのは4200万円である。この査定を見て席を立った武田は用意された会見場に現れるや、ファイターズとロゴの入ったブラインドめがけて、抱えていたルイ・ヴィトンのセカンドバッグを全力投球。力のこもったストレートで、ブラインドを破壊してしまった。

「もうストッパーはやらない」

 と職場放棄も辞さない覚悟を口にした後は、

「もう今年は球団に来ない」

 越年を宣言しただけでなく、コミッショナーへの年俸調停もチラつかせたのだった。現在はNHKのBS放送で、大谷翔平が所属するエンゼルスの試合を冷静な語り口で解説しているだけに、信じられない言動だ。この2人の大暴走に、「親分」の異名を取った大沢啓ニ球団常務もおなじみの喝を入れられず、困惑するばかりだったという。

 その後、数回の契約更改交渉を経てなんとかコトは収まったが、今のご時世なら完全にアウトな、怒り心頭のパフォーマンスだったのである。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ