政治

プーチンが反逆者プリゴジンを爆殺!ショイグ国防相に命じて「ワグネル最高幹部もろとも壊滅」の報復劇

 8月23日、ロシア非常事態省は次のような衝撃的なニュースを公にした。

〈ワグネルの乱を主導したエフゲニー・プリゴジン氏を乗せたプライベートジェットが、ロシアの首都モスクワの北方で墜落。プリゴジン氏を含む搭乗者7人と乗組員3人を合わせた10人全員の死亡が確認された〉

 その後の海外メディアなどの情報を総合すると、モスクワからサンクトペテルブルクに向かって、高度8500メートル付近を飛行していたプライベートジェットは突然、8月23日午後6時11分(日本時間24日午前0時11分)に、位置情報が途絶えたという。そして午後6時19分から上昇と下降を激しく繰り返した直後、20秒間に2400メートルという異常な急降下状態に陥り、午後6時20分に全ての追跡が不可能になった。

 反逆者プリゴジン氏が搭乗するプライベートジェットで、何が起きたのか。プーチン政権の機密情報に詳しい国際情報アナリストが声を潜めて明かす。

「墜落は事故ではなく撃墜された、つまりプリゴジンはプーチンに暗殺された、とみて間違いないでしょう。事実、日本時間の24日未明から『プーチンが機体を撃墜させた』との情報が流れています。具体的には、プーチンがショイグ国防相とゲラシモフ参謀総長に命じて、地対空ミサイルでプライベートジェットを墜落させ、爆殺したということです」

 実はワグネル所有の同機には、ワグネル創設者のプリゴジン氏のほか、ワグネルの共同創設者で司令官のドミトリー・ウトキン氏、プリゴジン氏の側近として知られるヴァレリー・チェカロフ氏など、ワグネルの最高幹部らが搭乗していた。

「プライベートジェットを撃墜した地対空ミサイルは、モスクワとサンクトペテルブルクの中間地点に敷かれた防空網、つまり、この地にあるプーチンの秘密の別荘を守る防空網から発射されたとみられています。独裁者プーチンは、裏切り者を絶対に許しません。したがって、今回の撃墜劇には、反逆首謀者を始末するとともに、ワグネルを壊滅させる目的もあったと考えられるのです」(前出・国際情報アナリスト)

 事実、アメリカのシンクタンク「戦争研究所」も、今回の一件は「プリゴジン暗殺」と「ワグネル排除」のための最終ステップだった、との見方を示している。

 その時、迫りくる地面を見つめながら、プリゴジン氏は何を思ったのだろうか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」