スポーツ

【お笑い中日ドラゴンズ】驚くべき理由で勃発した「米騒動」の首謀者は立浪監督だった

 セ・リーグ最下位の中日が、とんだ「米騒動」に巻き込まれた。8月20日の一部報道で、試合前の食事会場で白米の提供を休止したことが明らかになったのだ。首謀者は立浪和義監督その人で、間もなく3週間が経とうとしている。スポーツ紙デスクが苦笑する。

「この話題は、他球団の選手の耳にも入っています。X(旧Twitter)でも『#令和の米騒動』がトレンド入りするなど、ファンの関心は高い。時代錯誤な方針に違和感を覚えるユーザーが多い証拠でしょう。他球団で近年、白米提供が禁止されたケースは聞いたことがないですね」

 この報道が広がったことで、立浪監督への風当たりは厳しさを増している。

「提供休止の一因とされたのは、細川成也だといいます。調子が落ちてきたのはご飯の食べ過ぎで動きが鈍くなったからだと考えた立浪監督が、他の選手にも米抜きを強いたわけです。細川は過去にテレビインタビューを受けた動画のうち『米なら1キロは食べられます』という画面がキャプチャされて、SNSで拡散している。さらに球団公式YouTubeチャンネルでは、8月16日に選手の円陣で白米ネタを茶化す模様も、消されずに残ったまま。トンチンカンなやり方に、『立浪辞めろ!』の声が一気に強まっています」(前出・スポーツ紙デスク)

 なお、守護神のマルティネスがこの騒動に「なぜ米がない!」と意を唱えたことで、投手陣には白米が即座に復活。そして2軍では、どんぶり飯が提供されているという。もはや、お笑いである。

 まさに昭和の根性野球を地でいく立浪監督に、球団親会社の中日新聞は来シーズンも続投を要請するのだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画