スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「エンヤラヴフェイスが勝つ」

 夏競馬も佳境。余すところあと2週となった新潟のメインは、新潟2歳Sが行われる。

 13年にはハープスター(桜花賞)が勝ち、2着にイスラボニータ(皐月賞)と両馬が翌年のクラシックで活躍してみせたが、ここで勝ち負けして翌年のクラシックも、というケースはマレ。やはり総体的には、仕上がり早で早熟型の馬が上位争いを演じている。

 とはいっても、新馬戦が1カ月ほど前倒しにされて2歳馬のデビューが早まったことで、近年は評判馬も集まるようになった。

 今年もなかなかの顔ぶれだ。新馬戦を下馬評どおり快勝したアスコリピチェーノ(英・愛2000ギニーなどGⅠ4勝馬が近親)、これまたデビュー戦を圧勝したエンヤラヴフェイス(快速を誇った名馬タイキシャトルが近親)、良血ルージュスタニング(祖父にBCクラシック、ドバイWCを勝ったアロゲートがいる)を筆頭として、各厩舎が将来を嘱望する馬がズラリと居並ぶ。それだけにファン必見の一戦と言ってよさそうだ。

 まずはデータを見てみよう。02年に馬単が導入されて以降、これまでの21年間、その馬単による万馬券は7回(馬連は5回)。この間、1番人気馬は9勝(2着4回)、2番人気馬は2勝(2着3回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は4回。06年から10年まで5年連続して馬単で万馬券が飛び出したが、近5年は4番人気以内の上位人気馬同士での決着。言ってみれば中穴傾向の重賞だ。

 性別で見ると、過去21年間で牡馬が13勝(2着13回)で牝馬は8勝(2着7回)。牡馬のワンツーが7回あるのに対して、牝馬同士での決着は1回のみ。暑さに強く、仕上がり早の牝馬を牡馬がしのいでいる図式だ。このあたりは留意しておくべきだろう。

 ということで期待を寄せたいのは、その牡馬。前述した有力馬の1頭、エンヤラヴフェイスをイチオシしたい。

 均斉の取れた好馬体に加えて、前述したタイキシャトルのほか、兄に浦和記念を勝ったサミットストーンもいる。このように近親、一族に活躍馬が多い血統も魅力で、大物感は十分。

 そして新馬戦の内容だ。逃げて3着に粘ったタイキヴァンクールを終始2番手で追走し、直線でいったん離されかけたが、追い出されると一気に加速。ゴールでは追い上げた2着馬に5馬身もの差をつけての完勝劇で、強いの一語だった。

 手綱を取った菱田騎手も「とにかく性格がよく、完璧に近いレース内容。折り合いもつきやすく、2歳馬にしては注文が少ない」と手放しで褒めるほど。

 そうした走りからも、単に2歳で完結するような馬には思えず、来春のクラシックを狙えるほどの素質馬ではなかろうか。

 陣営のスタッフも「なかなかの馬。乗り味もよく、楽しみな逸材」と口をそろえているだけに、ここはチャンス十分とみた。

 一方、札幌で行われるキーンランドCは、新潟2歳Sとは異なり、牝馬の活躍が目立つ重賞である。狙いは斤量面でも恩恵がある3歳牝馬のブトンドールだ。

 前走の函館スプリントSは、2番人気に支持されながら5着と期待を裏切ったが、桜花賞9着以来で体重が10㌔増。追ってからの反応がイマイチだったのは、そのためだろう。

 しかし使われたことで体が締まり、この中間の雰囲気がいい。昨年、新馬戦を勝ったあとの函館2歳Sを制しているように、洋芝は合う。一気の差し切りに期待だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」