社会

【戦慄の報告書】少女連れ去り「黄色い目をした身長2メートルのエイリアン」と麻薬密売組織

 はたしてその正体は、身長2メートルを超える黄色い目のエイリアンなのか、はたまた人間を頭から食らい跡形もなく食い尽くす、という伝説の怪物「ロス・ペラカラス」なのか。

 南米ペルー北部、アマゾン川上流に位置するメイナス県アルトナナイ地域の村に住む15歳の少女が、何者かによって連れ去られそうになり、首を切られる事件が発生した。実はこの村では「身長が2メートル以上あるエイリアンのような化け物」による襲撃事件があとを絶たないことから、警察や軍隊も出動する騒ぎに。この事件はペルーのニュース専門メディア「RPP Noticis」などにより、大々的に報じられた。通信社記者が説明する。

「事件が起こった村は、ペルー北東部ロレート県の県都イキトスから船で約10時間の場所にあります。今回の事件では国家警察のほか、ペルー海軍も出動して怪物の正体を突き止めるべく、真相究明にあたりました。エイリアンの存在は確認できませんでしたが、周辺地域にある熱帯雨林は、地下資源の花形とされる金が眠っているエリア。中南米では80年代からこうした地下資源の違法採掘が増え続けており、アマゾンの熱帯雨林には2300カ所以上の違法鉱山が存在するといわれます。違法採掘を主導するのは、大半が麻薬密売組織などの犯罪集団。彼らは密林を切り開いて町を作り、そこを拠点として採掘を行います。そしてその町には、犯罪メンバーや労働者たち相手の、夜の店が立ち並んでいる。ここで働かされているのが、周辺地域からさらってきた少女たちだというんです。そんなこともあって捜査当局は、今回のエイリアン騒ぎは、ジェット・パックのようなハイテク機器を着用し、飛行しながらターゲットを狙う、金の違法採掘組織による少女誘拐未遂事件だった可能性が高い、との見方を強めています」

 確かに「宇宙人」を目撃したという村人は現地メディアの取材に対し、

「体長2メートルの黄色い目をした銀色の宇宙人は空中を浮遊し、狩りに使う道具で反撃したが、撃ち落とすことができなかった」

 と証言している。地理的なこともあり、当局の警戒が十分とは言えない中、住民たちの不安は募るばかりなのである。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え