芸能

広末涼子 最新映画で最大露出なアクロバット艶技

20141113b

 男子の初体験をサポートするドラマに年下俳優との不倫騒動と、公私ともにイロっぽい話題が続く広末涼子(34)。そして最新映画では、全身を使って“アクロバットな艶技”がお目見え!

「さあ、ルカの最後のステージ、いくよ!」

 ポールダンサーチームのリーダーであるユウコ(広末涼子)は、結婚間近のルカ(木南晴夏)、実は女子高生のケイ(松井愛莉)に声をかけ、満員の観衆が待つ舞台へ飛び出していく。

 そろいの衣装は白のダンサー用ドレスだが、ポールにつかまっての動きを最大限に見せるため、股下から先は全てオープン。近年は貞淑な妻役などが多い広末にとって、意外に豊満な胸の谷間も含め、過去最大級の露出である。

 そんな期待の新作は、11月22日公開の「想いのこし」(配給・東映)だ。ダンサーチームに運転手の男(鹿賀丈史)を加えた4人が、交通事故により即死。それでも現世に想いを残していたため成仏できず、事故のきっかけとなった人物ながら無傷だったガジロウ(岡田将生)に、一つ一つ願いをかなえてもらうというストーリーだ。

 撮影に関わったスタッフの一人が言う。

「お正月を返上してポールダンスの特訓に励んでいました。広末さんは中学時代、走り高跳びで高知県大会の2位になっただけあって、身体能力は高かったですね。部分的にはワイヤーを使っての撮影ですが、それでも、ポールダンサーとしての仕上がりはすばらしかった」

 企画の段階では「トップレス衣装でポールダンス」という案もあったようだが、さすがに女性観客をターゲットにすると、劇中での初ヌードは棚上げになったようだ。

 それでは映画の冒頭を飾る3人の美女によるポールダンスを再現してみよう。ルカとケイを下に置き、ユウコを演じる広末はポールをしっかり股間に挟み、天井近くまで一気によじ登る。ノースリーブで胸元も大きく開いているため、しなやかでメリハリの効いたボディが大写しになる。

 そしてポールダンサーとしての大技が次々と展開。ポールを伝って一気に床へ滑り下りる。そのまま横に寝そべり、右脚を90度の角度に大きく開くと、股間から太腿にかけてプルルンと振動する。

 映画評論家の秋本鉄次氏が言う。

「欲を言えばもう1枚、服を脱いでほしかったけど、それでも現在の広末涼子としては頑張った。映画の後半には男女の絡みを連想させるポールダンスもありますし」

 クライマックスに訪れたのは、ガジロウ役の岡田と2人でポールダンスに挑むシーン。ポールの上部に岡田が、下部に広末が位置し、変則的な体位をこなしているかのよう。もともとポールダンスとは、いかに官能的な動きを表現できるかが原点であるため、“エアプレイ”と同義だ。

 さらに目まぐるしく体勢が入れ代わり、体を反らして180度に開脚した広末の顔が、岡田の下半身に近づく。かつて「ピュア系」の代表だった素肌の透明感は衰えておらず、汗が浮かぶほどになまめかしい。

 やがて「昇天」を迎えると、その姿もまた、天へと消えてゆく‥‥。

「NHKの『聖女』でのベッドシーンに続き、広末涼子がエロの方面にシフトしてゆく一本だと思います」(前出・秋本氏)

 次回作はぜひ、トップレスダンサーで!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ