芸能

太川陽介「バスVS鉄道旅」スタート直後の「波乱」は番組存続にかかわる一大事だった

 太川陽介と村井美樹がバスチームと鉄道チームに分かれて先着を目指すテレビ東京の水バラ「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」の最新回(9月20日放送)で前代未聞の「波乱」が発生していた。

 その異変は旅が始まると同時に起きた。八ヶ岳の麓にある清泉寮をスタートした両チームは、移動のため清里駅へ。これまでであれば清里駅からバス、鉄道を利用していくのだが、今回はどちらも足止めを食らったのである。

 鉄道チームは次の小海線の列車まで2時間30分待ち。バスはより悪い状況で清里駅から出ているバスはすでになく、最寄りのバス停は15km先という絶望的な状態。両チームともにいきなり交通手段がないという事態に陥った。

 鉄道チームは次の列車を待つステイを選択。一方バスチームはバス停がある長坂駅の近くまでタクシーで移動。スタート直後にしてタクシー代金を4740円も使うこととなった。波乱の展開が面白かったかといえば、決してそんなことはないとテレビ誌記者は話す。

「同番組は太川と村井の驚くような乗り継ぎ術を見ることが楽しいのに、スタートからそれが使えない状況になったわけです。これは明らかにスタート地点の設定がよくない。2人が活躍できるような場所を選ぶべきでした」

 バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅が始まった当初、コンセプトは「小回りが効くバスとスピードがある鉄道、観光に使うならどちらが有利か」だった。鉄道とバス、大きく異なる交通機関で僅差の戦いを演出するためには、スタートとゴール、チェックポイントの設定が肝となる。番組開始当初はそれがうまくいっていたが、最近は最良のルートを選べていないと指摘されることも増えた。

「すでに勝負できるベストな舞台を使い切っってしまったいうのが正しいでしょう。関東近郊で良いルート設定をすることはもう無理ではないでしょうか。これまで両チームのゴール時間の差が数十分と僅差だったのに、今回は1時間もついた。次回も不安ですね」(前出・テレビ誌ライター)

 舞台を日本各地に広げるか、ルールを変えるかしないと番組を続けていくのは難しいかもしれない。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談