社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<多血症>進行すると目の充血高血圧の症状も!?

 健康診断で「血液が濃い」と指摘された経験はないだろうか。もし該当していれば、血液中の赤血球の濃度が高くなる「多血症」という病気の可能性がある。

「多血症」は、頭痛やめまい、耳鳴り、顔面の紅潮などの症状があるが、自覚症状がなく、健康診断での採血検査によって発見されるケースが多い。病気が進行して赤血球数が大きく増加すると、皮膚が赤くなる、目の充血、高血圧といった症状も現れる。

「多血症」は「絶対的赤血球増加症」と「相対的赤血球増加症」に分類される。前者は、赤血球数自体が増えている状態を指す。原因によって「真性多血症」と「二次性赤血球増加症」に分けられる。

「真性多血症」は、血球を作る造血幹細胞に異常が発症して、赤血球が増えてしまうのだ。日本において「真性多血症」の発症率は、10万人に2人で、50~60代の男性に多く見られるという。

「二次性赤血球増加症」は、高地滞在や心臓疾患、肺疾患や喫煙などが原因で、造血ホルモンである血中エリスロポエチンの濃度が高くなり、赤血球が増える。マラソンなど長距離走の選手が行う高地トレーニングは、このメカニズムを利用して、赤血球を増やし、体の酸素運搬能力を高めている。

 一方、後者の「相対的赤血球増加症」は、赤血球数自体は増えていないが、血液中の水分量が減っているため、相対的に血液中に占める赤血球の量が増えているケースを指す。脱水やストレス、喫煙習慣などが原因で引き起こされるため、生活習慣の改善を意識することで予防効果が期待できる。

 もし、健康診断で「多血症」の可能性を指摘された際は、内科や血液内科を受診して詳しい検査が必要である。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題